プランターでのじゃがいもの育て方!収穫した物が小さい原因は?

                         a4a3940111ca7325349cf5ee998932a7_s

畑やちょっとしたプランターでも
今や家庭菜園を楽しまれている方が多くいます。

中でも収穫が楽しみで保存の効くじゃがいも

初心者さんでも育てる事ができるので、
家庭菜園にはおすすめです。

今回はじゃがいもの育て方についてお伝えします。

 Sponsored Links


プランターで出来る簡単なじゃがいもの育て方

家庭菜園も少し広めのお庭や畑を借りて
趣味に没頭してみたり、小スペースで楽しむ
プランター栽培などと楽しみ方は色々です。

ここではプランターで出来る
じゃがいもの育て方をご紹介していきます。

まずホームセンターなどで栽培キットが
販売されているならそちらをご用意。

プランターの場合は深めで40cm以上をご用意ください。

 

底に鉢底土を敷き詰めて
水はけの良い状況を作り土は酸性を好みます。

野菜栽培用の培養土を用意すれば
特に問題がなく育てる事ができます。

そしてじゃがいもは種いもと呼ばれる
栽培用のいもを準備します。

スーパーなどで販売しているじゃがいもは、
食べるには問題がありませんが、

じゃがいも特有の伝染性のウィルスに感染している事もあり、
発芽しなかったり発育が悪いといった事があります

 

種いもはそのまま植え付けてしまうと
芽が多く出てしまうので2つに切って、
切り口に草木灰を付けて種いもが腐らない様にします。

草木灰が無い場合には種いもの切り口を
1日日光に当てて乾燥させてから植え付けてください。

じゃがいもは生でも食べられる?食べ方は?

 Sponsored Links

じゃがいもの水やりや追肥は?良く育てるには芽かきが大事!?

じゃがいもの水やりは土の表面が乾いたら与えます。
雨が降った時などはあげなくてもよいです。

あまり土が乾燥しないうちにあげすぎると育ちが悪く、
土の中で腐敗したり病気の原因に繋がります

追肥は芽かきを目安に行いますが、
同時に土寄せというものも行います。

 

芽かきとは種いもを植え付けてから土から10cmほど
芽が育った頃に丈夫な芽だけを2~3本残します。

これを行わないと葉に栄養が行き、
芋が育たない場合があります

芽かきを行った1週間後くらいに
根元へ土を寄せて追肥を行います。

追肥はリン・カリ成分が高いものを与えます

じゃがいもの保存方法は冷蔵?冷凍?

じゃがいもが小さい、花が咲かない原因は?

じゃがいもを育てるとじゃがいもが小さい
大きくならない事があります。

じゃがいもが育たない原因は、
植え付けに隙間がなく植えたり、
芽かきを行わなかった場合に起こります

 

また、じゃがいもの花が咲かない場合ですが、
品種によっては咲かないものもある様です。

チッ素肥料の与え過ぎや連作が原因の様ですが、
花は咲かなくても、じゃがいもは育ちます

なお、じゃがいもには春植え秋植えがありますが、
どちらの時期も植える事が出来るのは中間地暖地

寒冷地では4~5月の春植えで、
7月中旬頃~9月中旬に収穫を迎えます。

 

Sponsored Links

コメントを残す