重曹で油汚れが落ちるのはなぜ?換気扇や鍋、掃除洗濯に使うコツは?

                         コンロ拭き掃除の画像

古くから重曹は油汚れを落としたり、
掃除に使われて来ましたが、

実際どうして油汚れが落とせるのか
ご存知ですか?

また、重曹をよりよく効果的に使う方法など!
今日は、重曹と油汚れについてご紹介します。

 Sponsored Links


重曹で油汚れが落ちるのはなぜ?

油汚れには重曹がよく汚れを落とす
というのは広く知られており、

油汚れ以外にも様々な汚れを落とす効果が注目され、
今では幅広い家庭の掃除に使われる様になりました。

 

なぜ、重曹は油汚れを落とすのか?

まずその仕組みですが、
家庭の汚れは大まかに2つに分かれ、

酸性汚れ(油や皮脂汚れ)→アルカリ性洗剤
・アルカリ性汚れ(水アカ・排泄物)→酸性洗剤

汚れの種類を把握することで、
よりよく落とす洗剤が選べる様になります。

 

そして重曹の存在ですが、汚れを落とす
という面では「中和」の働きを担い、

ガンコな油汚れは水や酸性の洗剤では落ちにくく、
重曹を使って中和し分解させると落ちやすくなります。

 Sponsored Links

ガスコンロや換気扇の油汚れは重曹とお湯のつけおきがいい?

とってもガンコなガスレンジや換気扇の油汚れは、
どんなに擦ってもなかなかキレイになりません。

まずはガスコンロですが、
一見キレイに落とせたと思っても

ヌメリが残ったりすっきりと
落とせていない事も少なくありません。

ガスレンジの場合には、重曹をまんべんなく
ふりかけて、こするだけで落とす事ができます

キッチンの壁や床、排水口に効果的な洗剤は?

 

また、換気扇をキレイにする場合には、

重曹を入れたお湯にしばらく浸け置きした後、
軽く擦るだけで汚れが落ちます。

つけおきする際には

シンクにゴミ袋を広げ、お湯と重曹を入れて行うと、
汚れが他へと移らず、おすすめです

 

また、キレイにした換気扇の
日々のお手入れとして、重曹水を作っておき、

スプレー塗布して少し置いてから拭き取ると、
油汚れを柔らかくしキレイに取り除く事ができます。

お風呂の天井やゴムパッキンの黒カビ掃除にも重曹は効く?

 

鍋やフライパンの油汚れには?洗濯や掃除に重曹を使うときは?

鍋やフライパンの内側の焦げ落としにも、
重曹を使った方法があります。

焦げがある箇所がかぶる程の水を入れ、
重曹は小さじ2程度入れて沸騰させ、

その後、火を止めて数時間そのまま放置すると、
焦げが浮きあがって取れ易くなります。

 

まだ付いている場合には、
重曹を研磨剤として使い擦り洗いしましょう。

その際の注意ですが、

アルミ製の器具はアルカリ性である重曹を使うと
黒ずんでしまうので、使わない様にしましょう

鍋の汚れはホーローなど種類で重曹と酢を使い分けが大事!

 

また、洗濯で使う場合には、

重曹の袋に記載がある用量を守って入れる様にしますが、
重曹石鹸の方がより衣類の汚れは落とし易くなります。

服や衣類についた油汚れの落とし方!

掃除には、水に重曹を入れた物を使って

拭き掃除をすると臭い消しになったり、
軽い汚れならすっきりと落とす万能洗剤になります

その際には食品用の重曹を使うと、
万が一赤ちゃんがいるお家でも安心ですよ。

 

Sponsored Links

コメントを残す