蚊によるかゆみや腫れの原因は?痒くなる時間で対策や塗り薬は違う!?

                         蚊のイラスト

暑い夏に多いによる虫さされ!

眠っている時にさされるとかゆくて
睡眠が充分にとれず寝不足
・・・なんてことも少なくありません。

 

蚊にさされて起こるかゆみの原因とは?
これってアレルギー?ぶり返すのはなぜ?

蚊のかゆみ”について注目し解説したいと思います!

 Sponsored Links


蚊によるかゆみが起こるのはなぜ?原因成分や時間は?

蚊にさされるとかゆくなる原因は、
血を吸う時に6つの針を人間や動物の皮膚に挿し、

人間に殺されない様にするための
麻酔成分や、血液が凝固しない様に
蚊が出す「唾液」が原因となります。

 

この原因物質は主に”ヒスタミン”とされていますが、
これだ!という決定的な成分はわかっていません。

いわゆるアレルギー反応であり、かゆみを起こします。

 

血を吸う蚊はメスのみで、
卵を育てるために血を吸います。

また、蚊は人間の皮膚などに止まり
血を吸い終わるまで2分30秒といいます。

そのうちの約16秒は唾液を注入するのに
時間を要するといいます。

蚊取り線香の効果時間や範囲!

 Sponsored Links

蚊によるかゆみを止める方法や抑える対処法は熱や塩?

蚊に刺されたことで起こる痒みを
抑える方法、対処方には色々方法がありますが、

蚊に刺されると患部が唾液によって膨れますが、
掻くことで痒み成分が広がるので
できるだけかかない事!

冷やすなどすると一時的に
かゆみを抑えることができます。

 

また民間療法で蚊に刺された部分を
40度~50度程度にを与えると
痒みが治まるなどと耳にします。

実際熱を与えてヒスタミンの元である
タンパク質を変化させるというが
事実はそうではない様です。

 

また、蚊に刺された患部の空気を遮断することで、
アレルギー反応を起こさせないという説もありますが、

アレルギー反応と空気の関連はなく、

体内に入ったかゆみの原因物質は
そうしたことでは抑えられないとしています。

 

他にを塗り込み浸透圧で
かゆみ成分を排出するという説も

蚊の唾液は極わずか過ぎて取り出すことは出来ません

かゆみを素早く取り除くにはやはり、
抗ヒスタミン剤が含まれている
薬を塗るのが一番ということです。

蚊による痒みには時間差がある?ふりかえすのに効くかゆみ止めは?

蚊による皮膚の反応は大きく分けて2つあります。

・即時反応

・遅延反応

 

即時反応1~2分で痒みを伴った
腫れが生じて15~30分が最大、

2時間後くらいまでに消えるもの。

遅延反応は刺されてから5~6時間後より
赤みを伴った腫れが生じ

1日~2日がピークで、1週間くらいで
色素沈着を残し消えるというものがあります。

これはアレルギー反応の個人差によるものです

 

ぶりかえすかゆみには抗ヒスタミン剤や
ステロイド成分を配合している

ムヒS2a液体ムヒアルファEXなどの
外用薬を塗るのが効果的です。

すぐかゆみが出る場合は抗ヒスタミン薬である
”ジフェンヒドラミン”を含むムヒSが効果的です。

 

かゆみや腫れがどうでるか?
個人差によって使う薬が異なるということです。

自分が蚊にさされてかゆみが出る場合に
どうかゆみがでるのかで
薬を1つ用意しておくといいですね!

Sponsored Links

コメントを残す