過敏性腸症候群の食事!下痢型、ガス型の控える物や食事量は?

                         015843

急にお腹が痛くなったり、
長引く下痢や便秘といった

大腸の不快感を伴う過敏性腸症候群

治すには生活態度の見直しや、
ストレスを和らげることなど耳にしますが、
食事療法も大切です!

過敏性腸症候群の食事は
どんなものがよいでしょうか?

過敏性腸症候群を改善へと導くための
食事についてご紹介します。

 Sponsored Links


下痢やガス型の過敏性腸症候群の避けたほうがいい食事は?

過敏性腸症候群には
下痢型ガス型便秘型とあります。

 

・下痢型

下痢型の場合は牛乳や冷たい飲物
胃や腸に刺激を与える香辛料揚げ物を避ける事。

食物繊維は、必要量の摂取はお腹の調子を
整えるため、食べたほうがいいです

 

・ガス型

豆類やキャベツなどの発酵しやすい食品
摂取を控えめにしましょう。

炭酸飲料も避ける様にしましょう

 

・便秘型

便の固さを正常化させ、腸内通過時間を
短くさせる必要があります

便の量を増やす事も必要で、
麦飯玄米食を薦めます。

他に緑黄色野菜や海草類なども薦めます

 Sponsored Links

過敏性腸症候群の食事量はどれくらいがいいの?

食べる量は適量、もしくは少なめとし、
食事量は一定させます

暴飲暴食は注意し
規則正しい食習慣を身につけましょう。

 

多くとりすぎれば負担がかかるものですので、
いわゆる腹八分目がお勧めです。

古くから言われる言葉ですが、
この量が負担がかからず健康的な量とされています。

バランスのよい食事を心がけてください。

過敏性腸症候群の食事はどんなものがおすすめ?

下痢型の場合には1回の食事量を少なめに、
スープや水分といった流動系の食事がおすすめ。

玄米で作ったお粥なども消化がよく、
栄養もありますのでおすすめです!

 

自分でお粥を炊くのが困難な場合には、
レトルトでもよいので出来るだけ
玄米入りを選んでみてください。

また、下痢に効く食べ物として、
らっきょう春菊はちみつなどです。

らっきょうの食べ過ぎは注意!?栄養や塩分、カロリーは?

 

便秘型の場合には、

野菜を柔らかく煮た煮物や、
海藻やきのこを入れたお味噌汁など。

 

ガス型お腹の善玉菌を
増やす方向に向ける食事が効果的

腸まで届くヨーグルトの摂取や、
使用する甘味料をオリゴ糖に変えるなど・・・。



 

ヨーグルトとオリゴ糖の相性は抜群!

オリゴ糖は善玉菌のご飯になり、
ヨーグルトにオリゴ糖を入れて食べれば、

お腹にいる先住善玉菌、新たに送り込んだ
菌のご飯となり善玉菌の増殖に期待で来ます。

 

ガスは出ますが食物繊維の多い食べ物として
ごぼう芋類はおすすめします。

ごぼうや芋類は、おならが出やすくなりますが、
臭いは気にすることはありません。

 

なかなか仕事などで
自炊は難しいけどなんとかしたい!

とされる方は、
お腹の不調に合わせたサプリメントや、
漢方薬などを取り入れるのもおすすめです。

 

食事のコントロールが難しい場合には、
最低でも睡眠はしっかりとって、
自律神経を正しく働く様にしてくださいね!

 

Sponsored Links

コメントを残す