かぶの皮のむき方!皮ごと食べる影響とおすすめの食べ方は?

                         かぶの画像

料理を始めたばかりだと、
これは皮をむくもの?むかないもの?

そこからもう悩んだりしませんか?

その中で今回取り上げるのはかぶ

生でサラダや漬物、煮物と色々使える野菜
かぶの皮について取り上げたいと思います!

 Sponsored Links


かぶの皮はむかないもの?むくときのむき方は?

かぶの皮をむく方法は、

まず、葉がついている場合には
葉の付いている元を切り落とし、

白い根の方の部分を
少し厚めに皮をむいていきます。

 

「え?もったいなくない?」
そう思われたと思います。

しかし、これはかぶの大きさによって、
皮をむくかどうかを分ける必要があります。

 

一般的に言われる「小かぶ」はわりと皮はむかず
よく洗ってそのまま使った方がよく、

小かぶでも大きなものや聖護院かぶの様なものは、

皮の近くにある筋が、煮物などにした際に
舌触りがよくないことから、

目安として5mm程度厚くむくとよいでしょう。

 

小さめのかぶでも皮をむいても構いませんが、

煮くずれやすくなるので
長時間の煮込み料理は注意が必要です!

 Sponsored Links

かぶは皮ごと食べた方が実はいい?おすすめはスープ!

かぶの皮のむき方についてお話しした所で、
こんなお話をするのも少々申し訳ないのですが、

実は大きなかぶ以外の小かぶは、
皮がついたまま食べた方がよいのです!

それというのもかぶの栄養素の1つである
アミラーゼ(ジアスターゼ)といった消化酵素は、
皮の下に多く含まれているからです!

かぶの栄養による効能や効果は?

 

また、赤い皮を持つ「赤かぶ」の赤い色は
アントシアニンという活性酸素抑制効果があります

そうした有効性分をしっかり摂る方法として、

実は皮をむかず、そして生で食べた方が
消化酵素としての働きはとてもよい作用をします。

酵素は熱に弱く煮物にするとその効力を果たしません。

 

しかし、煮物などにすれば
体を温める食べ物となるので、

胃の調子を整えたい時は
サラダや漬物など生で食べる、

体を温めたいときには煮物やスープ、炒め物
といった具合に使い分けをするとよいでしょう。

 

また、煮物やスープでは皮をむかずに
丸のまま煮たほうが煮崩れ防止になります

 

かぶの皮は漬物におすすめ!保存方法は?

かぶの皮をむいたら捨てずに
もう1品作ってみましょう!

実際には捨てる所が少ない野菜!
余す事無く使いましょう!

 

かぶの皮や葉を軽く塩をまぶして浅漬けや、
めんつゆや甘酢などで漬けてピクルス風、

などといった活用法があります。

甘酢漬けは特に保存が効き、煮沸消毒した保存瓶などで
作れば冷蔵庫で2週間保存出来ます。

かぶの葉っぱにも栄養がある?

 

また、それほどの量が無ければ、
皮や葉・面取りした部分などを使い、

フライパンでごま油・醤油・みりんなどで
味を付けてきんぴら風にするとよいでしょう。

水分が無くなるまで炒めて、
そのままごはんと食べてもよいですし、

チャーハンの具材やごはんに混ぜ込んでおにぎり
といったリメイク料理に使う事ができます!

 

Sponsored Links

コメントを残す