花粉症の予防接種時期はいつ?費用や効果、副作用はないの??

                         —–hÚŽí

辛い花粉症の季節が来る前に、
花粉症の予防接種を!!

・・・と言われていますが、
いつ頃から受けると効果的なのでしょうか?

その効果のほどは?
副作用は?値段は・・・?

受けてみたいけど不安が・・・
という花粉症もちの方へ!

花粉症の予防接種についてご紹介します。

 Sponsored Links


花粉症の予防接種を受ける時期は?費用はどれくらい?

花粉症の予防接種や予防対策は、

一般的に花粉が飛び始め
症状が出る2週間前くらいから!

とされていますが、
個人的に差が出るものです。

1月の温かい日でも花粉は飛び始めるので、
12月のうちから対策しておくほうがベター

 

花粉症の予防接種にかかる費用は、
その予防接種(注射治療)の内容により異なりますが、

おおよそ1回500~1000円程度
さほど高額ではありません。

辛い時期に薬やマスクだと買い込むよりは
遥かに手頃だと思います。

 Sponsored Links

花粉症の予防接種にはステロイドを使用?効果や副作用は?

花粉症の症状を
出しにくくしたり、改善をさせる方法には
いくつかの注射薬があります。

 

・ステロイド注射

1シーズン1回の注射で、
症状が出始めてから受けても効果がある

効果は劇的!
注射を打った翌日からすっきりします。

しかし、日本耳鼻咽喉科学会では推奨していません。

 

症状に対しての改善は素晴らしい物ですが、

副作用が強く、1度打ってしまうと
副作用も1シーズン続くため

副作用が出た場合には
長い事、辛い期間を過ごすことになります。

 

副作用

ホルモンの崩れ・生理が止まる・内臓疾患・
免疫力低下および感染症の誘発・

精神の変調・緑内障・血糖値上昇・
骨がもろくなる・電解質異常・肥満など

 

・アレルギー物質注射(減感作療法)

特定のアレルギー物質を少量注射し、

徐々に量を増やし体の免疫を上げて
花粉症症状を出さない様にする方法です

 

医師により治療が行われる場合には
副作用はほぼなく、注射部位が赤くなる程度

医療保険適用が可能で、治療目的での利用になります。
ただ、効果が出るまでは時間が必要です

 

・ヒスタミン注射

非得意的減感作療法といい、

特定アレルギーではなく、幅広いアレルギーに
対しての免疫をあげるものです

花粉以外にハウスダストなど
アレルギーをお持ちの方に
改善目的として行うにはおすすめです。

 

副作用は減感作療法同様、
少ない事が知られています。

1~2月の頭に1回目、
その後定期的に3~12回打ちます。



花粉症の予防接種は病院は何科で受診するの?

花粉症はその症状の中で、
1番酷く出ているものに対して受診します

 

目よりも鼻の症状が酷い・・・耳鼻科

喉も痒いが目のかゆみが辛い・・・眼科

鼻水も出る、
しかし痰や喉のかゆみが酷い・・・耳鼻咽喉科

 

花粉症のピーク時は
耳鼻科や、耳鼻咽喉科は
同じ症状を訴える患者さんで混雑しています。

そんな時には内科を受診しても、
基本的には処方される薬は同じものです

 

Sponsored Links

コメントを残す