牡蠣の食中毒の毒は加熱すると大丈夫?原因や症状、潜伏期間は?

                         a1180_015316

海のミルクとも呼ばれる牡蠣

鍋にしてもよし、生で食べても
美味しくいただける冬の食材ですが、

冬場に発生する食中毒の中で
最もウィルス性の食中毒を発症する
可能性が高い食材でもあります

今回は牡蠣の食中毒について
いろいろと調べてみました。

参考にして安心して美味しく頂きましょう!

 Sponsored Links


牡蠣の食中毒はどんな毒?加熱したら大丈夫?

牡蠣の食中毒の原因は、

・貝毒
・ノロウィルス
・腸炎ビブリオ菌

以上の3つが代表的です。

多くの場合、生牡蠣を食することで、
食中毒の発症しますが、

これはウィルスが濃縮した牡蠣を
生で食べることが原因です。

 

牡蠣は、汚染された海水が
腸管を通り、内臓部分に蓄積します。

蓄積したウィルスは増殖せずに
段々と濃縮されていきますが、

この濃縮されたウィルスは
加熱する事なく生で食した場合に、
人間の小腸内に侵入し猛威を奮います

 

生牡蠣の内部に蓄積したウィルスは
熱に強い耐性をもっていますので、

ウィルスを駆除するためには、
不活化する温度までしっかりと
加熱を続けることが重要です。

 

具体的には、牡蠣の中心温度が
85度以上の状態で1分間以上加熱すると
ウィルスが不活化します

熱湯であれば、最低でも1~2分程度。

カキフライ料理の場合は、
180℃前後の油で4分以上の加熱で、
食中毒の発生率が大きく低減します。

 Sponsored Links

牡蠣の食中毒の症状や潜伏期間!他の人にも感染する?

牡蠣の食中毒のうち、

貝毒は、しびれが出たり、
口内の違和感を感じる症状がでます。

ノロウィルス、腸炎ビブリオ菌の症状は、
腹痛、下痢、嘔吐、発熱などが主な症状です。

 

潜伏期間は、
貝毒が食後30分~4時間

ノロウィルスが食後24~48時間

腸炎ビブリオ菌が食後2~36時間

全体的に短い時間で発症します。

 

ウィルスによる食中毒ですが、
残念ながらノロウィルスには、
抗ウィルス剤はありません

吐しゃ物や便には、
大量にウィルスを含んでいるので、
適切な処理で2次感染予防を行う必要があります。

牡蠣の食中毒になったときの対処方法は?予防するには?

牡蠣の食中毒になった時には、

脱水にならないように一口ずつでも
できる限りの水分を補給することが大切です

軽度の症状であれば、1~2日で回復しますが、
激しい下痢、嘔吐、発熱などの症状や
複数の症状を伴う場合は必ず受診しましょう。

 

重症化して、死に至る場合もありますので、
血便が出る場合や下痢が
1日10回以上続く場合は要注意です

特に、免疫の低下している
小児・高齢者・妊婦の方には注意が必要です。

 

予防するには、
うがい・手洗いを行うことも、もちろんですが、

ウィルスの蓄積されている
内臓部分を食べないことでも予防となります

 

Sponsored Links

コメントを残す