柏餅をこどもの日や端午の節句に食べる由来!食べ方は?葉は食べる?

                         柏餅の画像

5月5日の端午の節句には、
決まって柏餅を食べる風習があります。

柏の香りのよい餡を包んだお餅♪
私も大好きです!

しかしなぜ端午の節句には
柏餅を食べるのでしょうか?

同じくちまきも食べるのにお餅ばかり・・・。

そこで端午の節句に、柏餅を食べる由来
ちまきを食べる訳などをまとめました!

 Sponsored Links


柏餅の食べ方は?葉は食べる?食べない??

日本には植物の葉で包んだ餅がいくつかあります

たとえば桜餅などは塩漬けされた桜の葉が
包まれていて、好き嫌いはあるものの食べられる葉です。

さて対する柏餅の柏の葉はどうでしょうか!?

答えは「食べない」

 

それというのも柏餅を食べる際にも感じると思いますが、
葉は厚手で堅く味があるものではありません。

そして食べる為に柏の葉を使ったのではなく、

柏の葉の生育課程からの縁起を担ぐ意味と、
葉が持つ抗菌作用からとされています

 

先人の知恵では柏の葉などと同じく、
桜の葉や柿の葉、笹といった

抗菌・防腐効果のあるフィトンチッド
言われる香り成分を持つ植物には

そうした作用や疲労回復・心が落ち着く効果
といったものを上手に使っていました。

 

では、なぜ端午の節句に柏餅なのでしょうか?
その秘密に迫ってみましょう。

 Sponsored Links

柏餅を端午の節句や子供の日に食べる由来は?

子供の日とも言われる行事ですが、

この日に柏餅を食べる由来は、
柏の葉の育ち方に意味があります。

柏という樹は古くから”神の宿る木”と言われ

さらに新芽が出ないうちは
古い葉が落ちないという性質から、

「子が生まれるまでは親は死なない」とされ、
”家系が途絶えない”という意味が込められています

こどもの日は女の子の日が由来だった!?

 

昔は医療技術や生活環境は今程良くなく、
今では治す事が出来る病であっても

その時代には幼くして病で
命を落とすということは無くもない事でした。

さらに餅は祝い事などの「ハレの日」に食べる

特別な食べ物であったり神に供える物として
とても縁起のよい食べ物でした

 

中に包む餡に使われる小豆

健康を祈る食べ物であったり、
神事に使用され小豆の色は厄を払う縁起ものです。

つまり縁起のとてもよい和菓子であるということです。

ちまきを食べるようになった由来が端午の節句の始まり!?

実は端午の節句
深い関わりがあるのは「ちまき」で、

この節句のルーツでもあります

ちまきの作り方!笹の巻き方は?

 

およそ2300年前の中国、
屈原(くつげ)という詩人がおり、

国王の側近として仕え、国を愛し正義感の強さなどで
多くの人々にとても慕われていました。

しかし陰謀により失脚、

国を追われ行く末には川に身を投じて
命を絶ってしまいました。

屈原の死を哀れ悲しんだ人々は、
屈原の遺体が魚に食べられぬ様にと

供物を投げたり小船から太鼓を叩いて
魚を追いやって弔ったのでした。

 

しかし、そうして投げた供物が屈原の素へと
届く前に悪い龍が全てを奪っていってしまうため、

龍が苦手である楝樹(れんじゅ)の葉

餅米を包み邪気を祓うとされた五色の糸で縛り
川へ流す事により屈原に届く様になった・・・。

これがちまきの誕生の由来です

 

屈原の亡くなった日は5月5日

この日にちまきを作り災いを除ける
端午の節句という風習となったとしています。

 

Sponsored Links

コメントを残す