カトレアの色別の花言葉と意味!仲間や種類はどれくらい?

                         カトレアの画像

優雅で華やかなカトレア

どんな花にも花言葉がありますが、
カトレアの花言葉ってご存知ですか?

知っておくと花束を贈る際に
意味のある花を贈る事が出来ますね♪

今回は、カトレアの花言葉についてご紹介します。

 Sponsored Links


カトレアの花言葉の意味や由来とは?

ランの種類はたくさんありますが、

中でもカトレアは「蘭の女王」と呼ばれる花で、
優がで華やかな印象のある花姿をしています。

 

そんなカトレアの花言葉は、

・優美な貴婦人
・成熟した大人の魅力
・魔力
・魅惑的
・あなたは美しい
・高貴

といった、大人で落ち着いた女性を思わせる
すてきな花言葉が付けられています。

 

カトレアの花言葉は、伝説などではなく

その花姿から「円熟した大人の女性」
思わせる美しさがあることから
こうした花言葉が付いたとされています。

 

それというのも、洋ランの中でもカトレアは
ひときわ大きな花を咲かせ
その華麗さから『女王』とされ、

女王といえば歳をある程度重ね気品ある女性であるので、
こうした花言葉が付くのも納得だと思います。

 Sponsored Links

カトレアは花の色別で花言葉の違いがある!?

カトレアといえば紫色の花を思い浮かべると思いますが、

他にも
赤・ピンク・白・黄色・青・緑・褐色など様々な花色があります。

 

花色によっても花言葉は変わり、

には、優美な女性・優美な女心
には、魔力
には、魅力
ピンクは、成熟した年配の人の魅力

といった花言葉があります。

 

いずれも歳を上手に重ねた女性に相応しい
花言葉であると思いますので、
母の日や敬老の日に贈られる花でもあります

とはいえ、やはり優美な花であるので
年齢は関係なくブライダルなどでも使われるので、
女性全般に贈るにも相応しいと思います。

カトレアの種類はどれくらいあるの?

カトレアはランの一種であり、ブラジルの山中で
イギリスの園芸家ウィリアム・カトレーにより
原種が発見されたことから「カトレア」と名付けられました。

1824年に初の園芸種が開花したことで、
交配が重ねられ現在のように多くの品種が誕生。

ランは野生種だけでも数が約1~3万種
改良もされているのでその数はそれ相当といえます。

カトレアの育て方!花が咲かない原因は?

 

日本以外にもアメリカやオーストラリアなど
世界各国で自生しており、

数が多い上に違いがさほどないため、
大きく「東洋ラン」「洋ラン」とに分けられています。

なお、東洋ランは日本や中国を原産とし、
日本ではそれ以外のランについては洋ランとしています。

 

園芸用で流通しているものには、

カトレア
リカステ
オンシジウム
胡蝶蘭(ファレノプシス)
パンダ
デンドロビウム
シンビジウム
パフィオペディラム

の8つです。

 

「カトレア」については原産国が中南米であることから、
日本では”洋ラン”の種類に含まれています。

 

Sponsored Links

コメントを残す