カトレアの育て方!花が咲かないのは植え替え時期のサイン?

                         カトレアの画像

大輪で優美なランカトレア

贈り物でいただいたものの、
どうやって育てたらいいの?

ランの1種だから、温かい場所?
それだけではありません!

大切に育てると、花が終わっても
時期が来ればきちんとまた花を咲かせる事ができます。

今回は、カトレアの育て方についてご紹介しましょう!

 Sponsored Links


カトレアの育て方は肥料を与える時期が大事!?

カトレアを育てて行くにあたって、
鉢植えでいただいたままにしている・・・

なんて事はありませんか?

人が食事をし生きて行くのと同じで、
植物も生きて行くのに肥料が必要です。

 

着生ラン地生ランとでは肥料が異なります

着生ランは木の幹や枝、岩の上などで
根を張って自生するものをいい、

地生ランは日陰の樹林などに
根を下ろす種類をいいます。

カトレアは着生ランであり、
本来は土から栄養をもらうといった事が出来ないもので、

栄養が少ない環境でも育つよう自ら養分を蓄え育つ!
というとても生命力の強い種類になります。

 

つまり、カトレアの場合は
多くの肥料は不要ということになります。

だからといって与えない訳ではなく、

春から秋口まで薄めた液体肥料を月に2回ほど与え、
5月頃には固形肥料を少々与える程度

 

少しずつ与えるのがポイントで、
これを守ると株が充実します。

夏の熱さで弱っている場合には与えず
秋の涼しくなる頃まで肥料を止めてみましょう。

カトレアの色別の花言葉と意味!

 Sponsored Links

カトレアの水やりは?花が咲かないときは植え替えのサイン?

カトレアの水やりは、

春~秋の間は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、
冬場は乾燥気味にし、表面が乾いた後数日経ったら与えます。

 

また、大切にしているのに花が咲かない

この原因には根詰まりを起こしている可能性が多く、

さらに、株が大きくなったことで株分けをした際に、
株が痛んでしまった事で生育が弱り花が咲かなくなる事があります。

 

カトレアの植え替えは、

新芽が鉢からはみ出してしまいそうになったら
一回り大きい鉢に株分けをします。

無理に鉢を引き抜こうとしてしまったことや、
無理に鉢に入れ込もうとしたりとしたことでも根が傷つくので注意!

 

引き抜けない時には無理に引っ張らず
鉢を割ってしまう方がよいでしょう。

また、鉢は大きめの物を用意しましょう。

カトレアの花芽の時期で育てる難しさが違う?

カトレアには

・春咲き
・初夏咲き
・夏咲き
・秋咲き
・冬咲き

とあるのはご存知でしょうか?

多くは扱いやすい春咲き種
入手することをお勧めしますが、

プレゼントされたものであれば
その時期に合った育て方をしなければなりません。

 

冬咲きカトレアは上級者!

なので贈り物にする際にもに咲いている
鉢のほうが育てやすいといえます。

カトレアは15~28度が理想温度で、
温度がある程度一定であればとても寿命の長い植物です。

 

Sponsored Links

コメントを残す