牛革やワニ革の見分け方!本革と合革、ヌメ革の種類や良い革とは?

                         革の財布の画像

ひとえに「革」といっても

たくさんの種類がありますが、
本革と合皮の見分け方ってご存知でしょうか?

革小物の購入などで役に立つ、
今回は革の見分け方についてご紹介します。

 Sponsored Links


本革や合革・ヌメ革など良い牛革の見分け方とは?

本革の種類は非常に多いので、
ここでは牛革にしぼってお話をすすめていきます。

本革」の特徴はとても丈夫で通気性があり、
長く使い込むほどに味が増し
比較的高価であるといった特徴があります。

それに対して「合皮」は、
リーズナブルで通気性がなく水を吸わないので
とても汚れ易く本革と比べると弱い傾向にあります。

 

最近ではとても精巧に出来ている合皮もあり、
見分けるのが難しいものもあります。

明らかににペラペラであったり、
革の質感の無いもの等は解り易いですが、

表面で見分けが付かない場合には、
その断面を見ると解り易いです。

 

本革の場合には毛羽立ちがあり

合皮の場合には処理がされていたり、
ベース地の布で処理されている事が多いです。

例えば、ベルトなどであればベルト穴を見たり、
お財布であればを見てみるとわかります。

また、光にあててみてみると、本革には毛穴が見えますが、
合皮には毛穴がなく皮膚の質感を出すシボ加工のみです。

 

また、良い革・品質を見分けるには、
軽く曲げてシワを見てみましょう。

シワが水ぶくれの様に出る場合は、あまりよい革ではないか、
本来なら裁断しない部分を使っている場合があります。

牛革の種類と特徴!クリームを使った手入れ方法

 

他にも「ヌメ革」は革本来の質感を楽しむもので
植物タンニンなめしという方法で作られた革で、

傷がつき易く水や油などにも弱くメンテナンスが不可欠です。

しっとりとした質感で、
本物は本革の見分け方と同じです。

革バックに色移りしたときの落とし方!

 Sponsored Links

ワニ皮・クロコダイルなど皮の種類や特徴とその見分け方は?

爬虫類の皮革の代表でもあるワニ革

バッグなどの小物に使われる種類には、高級皮革である
クロコダイルや、アリゲーターカイマンといった種類があります。

 

クロコダイル」には主にイリエワニの革が使われ、
スモールクロコとも呼ばれています。

1つ1つの鱗が小さく規則的できめ細かな模様であることが
特徴で、背中よりもお腹側の方が高級とされています。

 

アリゲーター」はワニ革の中では
中~低でクロコダイルよりもリーズナブルです。

鱗が大きく立体感のある盛り上がりが特徴です。



アニリン革やガラス革などの特徴は?

アニリン革」とは、革に染料を染込ませて
表面にトップコートで染込ませたもので、

いわゆる艶やかな光沢のある「ガラス革」をいいます。

革の表面(銀面)に傷が多い原料皮に際して
加工したもので、独特な光沢を持ちますが

水分には弱く、乾燥やシミになりやすいといった事や
シワの幅が広く深く入るのが特徴です。

 

ローファーなどで多くみかけますが、

毛穴や皮の表面の筋などが美しく浮き出て
質感が残せる染色方法です。

革靴のひび割れの原因!しわ防止やお手入れ方法は?

 

Sponsored Links

コメントを残す