塩抜き後の数の子の賞味期限は?短時間で早く塩抜きする方法!

                         数の子の画像

お正月のおせちに
準備される事が多い数の子

多くは塩漬けされているので、
塩抜きをしないと調理できません。

お水に漬けているのになかなか塩が抜けない!
しょっぱくて食べられない!

数の子の塩抜きの基本をご紹介しましょう!

 Sponsored Links


数の子の塩抜き方法は?時間はどれくらいかかるの?

数の子の塩抜き方法ですが、
真水では塩抜きは出来ないをご存知でしょうか?

 

数の子の上手な塩抜き方法は、
水1リットルに対して
小さじ2杯の塩を溶かして、

数の子(150~200g)を浸して、
約6~8時間ほどかかるものなのです。

 

そして薄い膜をキレイに取り除いて
改めて同じ要領で塩水を取り替え、

同じ時間水に浸しておくという
全行程で半日や、それ以上となります。

できればこの方法を取ってもらった方が、
しょっぱい!ということは防げます。

数の子の栄養に含まれる効果やプリン体の量は?

数の子の塩抜きを早くしたい!短時間でするには?

お正月の急な来客に急いで数の子を追加したい!
そんな時には短時間でする方法もあります。

ただし、これも3時間程度はかかるので、
突然の来客時には間に合いません。

 

1リットルのぬるま湯(40度)
塩小さじ2杯を入れて溶かし、

そこへ塩漬けされた数の子を入れ1時間漬けます。

薄い膜があると時間がかかるので、
剥がれて来たらこまめに取り除きましょう。

1時間経ったら真水に1時間漬け、
水を変えてさらに1時間、合計3時間です。

 

塩の浸透圧の違いなのですが、
数の子に新しい水分を含ませる事が必要で、
その際に真水よりも塩水の方が浸透圧が高く

数の子に含まれている塩分を含んだ水分を
塩水の浸透圧により入れ替えが行われるので、

初めから真水を使うより、
塩水を使った方が
早く塩抜きが出来るのです。

 Sponsored Links

数の子の塩抜き後は賞味期限は?冷凍保存は可能??

数の子の塩抜きが出来たら味付けをしましょう!

そのまま食べてもおいしいですが、

出汁、薄口醤油、鰹節などで味付けしたり、
マヨネーズや醤油で食べるといった方法もあります。

 

保存が効くように塩で漬けられている数の子ですが、
塩を抜いた後の賞味期限が気になりますね。

塩抜きした状態での数の子や味付けしたものは、
1週間程度で早めに食べ切ることをおすすめします。

冬場で冷蔵庫保存であっても暖房設備が整っている昨今、

見た目に変化がなくても
あくまでも生ものなので早めに食べてしまいましょう。

 

冷凍も出来ますが、
味が落ち、バラバラになってしまいます。

冷凍であれば塩抜き後でも
1~2ヶ月ほど保存は可能になりますが、

味がかなり劣化するためおすすめできません

 

Sponsored Links

コメントを残す