蛍光灯の平均寿命は?判断方法は黒ずみ!?LEDが早くきれる原因は?

                         d1466e3b8ed631484db21f9b1341d957_s

蛍光灯って突然切れたりしませんか?

もちろん前兆もあったりするんですが、
突然切れて電気が付かないなんて事もあります。

蛍光灯の寿命といえば使う頻度にもよると思いますが、
およそどれくらいなのか?

分かればそれに合わせて
ストックしておくというのもよさそうですね。

それでは蛍光灯の寿命について、
あれこれ調べて参りました!

 Sponsored Links


蛍光灯がつかない!寿命がどうかの判断は黒ずみ!?

「あ!つかない!」・・・と思う前に、
蛍光管の交換前にチェックしたい部分があります。

蛍光管には3つ種類があり、

・グロースターター式器具
・ラッピッドスターター器具(グローがない)
・インバーター式器具

 

新しい蛍光管を付けた際につかない場合にですが、

グロースターター式とラピッド型は互換性が無いので
誤って購入して付けている可能性もあります

また、蛍光灯はおおまかですが
4つの部材で構成されていて

「器具・トランス(安定器)・グロー・蛍光灯」
これらが動作して電気が付きます。

器具や安定器が壊れていない事が基本ですが、

安定器にも100Vや200Vなどがあるので、
それに合った蛍光管を購入する必要があります

 

グロースターターの場合にはグローが必要で、
40W蛍光灯ならば4P、30Wで5Pと必要です。

ソケット部分の劣化による破損や、
グローの設置が悪いといったことでもつきませんが、
まずは新しい蛍光管を付けてみます。

ダメならグローの交換、これでつかない場合は、
安定器が壊れている可能性がありますが極めて低いです。

一番分かりやすいのは蛍光管の両端いずれかが
黒ずんで振ると音がする場合は切れています

蛍光灯の選び方は色やワット数に注意!?

 Sponsored Links

シーリングライトやインバーター蛍光灯の寿命はどれくらい?

ちらつきが少なく目に優しく、
ワット数あたりの明るさが高いインバーター蛍光灯

電子回路で構成されているので効率良く軽量で
即時点灯するのでシーリングライトなどで多く見受けられます。

 

実際には使用頻度や時間によって大きく異なりますが、

インバーター蛍光灯の機器の
寿命平均10年くらいが目安の様です。

普段ちらつきがないのに、ちらつき始めたり、
つきが悪くなる事で判断します。

長寿命のLEDが早い時期にきれた!その原因とは??

電気代がお得になると言われるLED照明ですが、
一般的な電球や蛍光灯よりも値段が高いです。

それでもよいと聞いて切り替えたのに思った以上に
早いうちに切れてしまった!という声が多い様です。

長寿命という点でも人気の様ですが、
1年以内で切れてしまった・・・なんて声もある様。

 

これは取り付け機器によっては本来のメリットが
デメリットになってしまっている事が原因の様です

取り付ける照明器具によっても大きく変わり、
それには「放熱」による違いがあるそうです。

シーリングライトの様な面積が広いものは放熱も広いので
比較的記載ある寿命程度まで利用ができている様です。

 

また、突然つかなくなった場合には電球の劣化ではなく
電球内に組み込まれている電子回路の故障が主な原因

電球周囲の温度が高くなると
電球自体熱を持ち動作しない・・・という

「熱に弱い」という性質がある様ですよ!

 

Sponsored Links

コメントを残す