軽暑の候とはどんな意味?時期や時候の挨拶としての文例は?

                         青空の景色画像

時候の挨拶や俳句など
日本では季節を表す言葉が多くあります。

使い方がなんとなく難しく
その使うに至って、

二十四節気や季語、雑節など
色々とありすぎて迷うところです。

そんな使い方が難しい言葉の中で

今回は「軽暑(けいしょ)の候」を取り上げて
解説したいと思います。

 Sponsored Links


軽暑の候とは?その意味や由来は?

細かな季節を捉えた言葉は本当に数多く、

どれを使うのがよいのだろう?
と頭を抱えることもあります。

調べると差もありながら

古くの季節と現在の季節が異なることも
多くあるのでさらに混乱を招きます。

 

一般的に「軽暑の候」の
”軽暑”とは、春の言葉に分類されています

しかし春といえば「春分」

まだ暑さというよりも冬の厳しさの
延長線でもある季節と思います。

 

意味としては、

軽く夏を感じ吹く風もどこか夏めいた
うっすらと汗ばむ様な時期を言います

 Sponsored Links

軽暑の候を時期はいつからいつまで?

春に限らず春夏秋冬それぞれ、
3つに分けて考えられるのですが、

春に至っては「初春・仲春・晩春」と分けられ、
二十四節気で分けられる場合には、

初春・・・旧暦1月、立春~啓蟄の前日まで
仲春・・・旧暦2月、啓蟄~清明の前日まで
晩春・・・旧暦3月、清明~立夏の前日まで

これを「三春」といいます。

実際には立春と啓蟄の間に
雨水(2月19日頃)があります。

啓蟄とは?その意味や由来は?

 

現在の暦に変えると、

立春~啓蟄前日:2月4日頃~3月5日頃
啓蟄~清明前日:3月6日頃~4月4日頃
清明~立夏前日:4月5日頃~5月4日頃

ここで最も「軽暑」が使えるとなると、
晩春である4月5日頃~5月4日頃が頃合いでしょう

 

しかし季語としての「軽夏」は5月に含まれ、

同じく”晩春”も5月の季語にあり、
同じ時期を指す言葉でもあるので、

5月初旬それも暦の上で夏に変わる立夏の前まで
とても短い期間にだけ当てはめられる様な気もします。

 

季語は古く季節を先駆けているという
部分もあり、その月の中でそう思う場合には、

時期は決めずに例えば、5月中に
ちょっと夏っぽさを感じて来たな

・・・と思った時には使ってもよいのでは?
という声もあります。

 

実際手紙の書き方などでも、

5月下旬から梅雨開け前までに
使うとしているところもあります

実際、蒸し暑いなと感じるのも
ちょうどこの頃ではないですか?

 

軽暑の候を使った時候の挨拶の文例は?

軽暑の候など時候の挨拶は、

お知らせやお礼状、かしこまった手紙や
ビジネスなどで「~の候」を使うと思います。

身近な方であれば少し堅苦しさも感じるので、

季語としてもう少し柔らかく使う方が
好ましいといえます。

 

例文

・軽暑の候、日1日と夏らしく
 新緑の色が増す季節となりましたが
 皆様お元気にお過ごしのことと存じます。

・軽暑の候、時下ますます
 ご清栄のこととお慶び申し上げます。

・若葉の薫る季節、気候も軽暑となり
 少しずつ夏の足音が聞こえて参りました。

といった様な使い方はいかがでしょうか?

 

決まってこの言葉を使わなければならない
といった厳密なものはありません

同じ時期に使われる他の季語など含めて
使って見てもよいと思います。

 

Sponsored Links

コメントを残す