結核の予防接種の効果!時期はいつ?大人もするもの?

                         069859

結核は過去の病気でしょうか?
いいえ、違います!

日本では現在、毎年2万人強の人たちが
罹患しており、西欧先進諸国と比べると、
罹患者数が多い「中まん延国」です。

今も、4人に1人が感染している可能性があるのです。

みなさんは結核(BCG)の予防接種を行いましたか?
子供の頃の予防接種で十分でしょうか?

今回は、結核予防接種の効果や接種時期についてご説明します。

 Sponsored Links


結核(BCG)予防接種は効果があるの?持続性は?

結核は、結核菌を吸い込むことにより
感染し、発病する感染症です。

しかし、感染=発病ではありません。

健康な人であれば、結核菌は
体の持っている抵抗力で抑えることが可能です。

 

ところが、乳児は大人に比べて抵抗力が
弱いため、結核に感染・発病した場合
重症化しやすい傾向にあります。

結核(BCG)予防接種は、このような
乳幼児の結核の重症化を防ぐためにあります

 

どれぐらいの効果があるかと言いますと、
乳幼児期にBCGを接種することにより、
結核の発症を52~74%程度、

重篤な骨髄炎や全身性の結核に
関しては、64~78%程度
予防することができると考えられています。

 

また、一度BCG予防接種を受ければ、
その効果は10~15年ほど続くと言われています。

結核(BCG)の予防接種をする時期はいつ?

BCGの予防接種は、
平成25年3月31日までは生後6か月
至るまでに接種することとされていましたが、

平成25年4月1日以降は生後1歳
至るまでの間に接種することと変更がされました。

 

標準的な接種は
生後5ヵ月~8ヵ月の間に行うこととされています。

生後1歳になるまで長期にわたる
入院を余儀なくされた等の特別の事情により、

 

予防接種をできなかった場合は、
4歳に至るまでで、

その特別の事情がなくなった日から
2年を経過するまでであれば、定期接種の対象となります。

 Sponsored Links

結核(BCG)予防接種は、大人になってからもするの?

BCG予防接種の効果は、
大人になってからはどうなるのでしょうか?

実は、乳幼児期のBCG予防接種では、
成人の結核を予防することはできないのです

 

また、上記のとおり、BCG予防接種は
乳幼児のためにあるので、
就学以降の接種は通常不要となります。

それでは、大人が結核を予防するには
どうすればいいのでしょうか?

 

それは、自身の健康に気を配り、
健康な体を保つことが基本となります

 

具体的には、

 規則正しい生活をし、十分な睡眠をとる。

 バランスのとれた食事をする。

 適度な運動をする。

そして、年1回は健康診断を受けて、
自分の体の状況を確認することで、
結核を予防するようにしましょう。

 

厚生労働省では、
毎年9月24日~30日結核予防週間とし、
結核の予防に関する普及啓発活動が行われています。

みなさんもこれを機に、結核について考えてみませんか?

Sponsored Links

コメントを残す