結婚式の引き出物に使われる縁起物の種類や意味!ダメなものは?

                         引き出物の画像

結婚式に出席していただいた方に渡す引き出物!

縁起物を含めたものを・・・

と考えますが、結婚の際の縁起物って
どんなものがあるでしょうか?

縁起物というとお正月などではパッと思い浮かびますが
結婚式ともなるとなかなか思い浮かばないものですね。

そこで、結婚の際に使える
縁起物について調べてみました!

 Sponsored Links


結婚式で使われる縁起物の種類とその意味は?

今まで結婚式に出かけた事がある方は、
引き出物を思い出してみてください。

そこには大抵、縁起物が含まれています。

 

例えばかつお節

引き出物に含まれる事が多いですが、
「勝男武士」とも読まれ武士の報奨品でもありました。

雄節(背側)と雌節(腹側)が対になっている様から
「夫婦円満」という意味で引き出物に使われて来ました

 

昆布「よろこぶ」=「慶ぶ」とされ、

結納の席でも昆布茶が出されたり、
出汁昆布が贈られることがあります。

様々な祝事に用いられるお赤飯

お祝いの象徴であり、小豆の赤や
赤飯の赤色は「魔除け」の意味があります。

 

また、地方によっては鯛の型の砂糖
引き出物になっているところもあります。

古くは砂糖が高級品であった事からハレの日の祝儀に
配られていた習慣が現在も残っているようです。

他にも引き出菓子として贈るバウムクーヘン

樹の年輪を模したもので年輪の様に年を重ねて、
太い幹の様な絆で結ばれる様に」との意味があります。

結婚式と挙式・披露宴の違いは?

 Sponsored Links

結婚式の引き出物にある紅茶やうどんも縁起物?逆にダメなものは?

結婚式の引き出物は
現在ではカタログギフトが主流となりました。

食器や料理ツール、お酒やお菓子・・・

ちょっとしたブランドバッグなどの雑貨類や、
グルメのカタログなどと色々用意があります。

 

まず贈ってはいけないものとしては、

はさみや包丁などの「切れるもの」
偶数である「割り切れる数」はタブーとされています

グラスや陶器は「割れる」という意味から
昔は含みませんでしたが現在ではOKになりました。

 

また、縁起物で最近多い『うどん

引き出物向けに紅白になっている事も多く、

実は古来より「長くて太い」ということから
長寿の縁起物とされていたものが、

夫婦の絆を「長く太いものに」という意味で
引き出物にも使われる様になりました。

 

他にも『紅茶』も縁起物としての意味があり、

縁起物として選ばれる理由に、

中国の後漢書に「赤心(せきしん)」という言葉があり、
真心・うそ偽りない心を表す!とされています

ちなみに中国では古く紅茶が飲まれた時代には、
不老長寿の薬とし高貴な方しか口に出来なかった様です。

結婚式の引き出物の相場や人気のものは?

引き出物は世代や性別・家族構成によっても
好まれるものが違うので迷うところですね。

例えば同年代の出席者の場合!

男性であればお酒やお酒にあう食器、
女性ですとブランドものであったりデザイン性のあるものなど

老若男女問わずステーショナリーなどの
実用性のあるものが人気です。

 

家族がいる場合には

グルメであったり有名店のスイーツや
海産物などのカタログギフトも喜ばれます。

カタログギフトは価格帯別になっており品物も多種多様で
先様の好みで選んでいただくことができることと、

結婚式当日に荷物にならないことで
最近の引き出物の主流となりました。

 

親族や上司、お世話になった方々、
同僚や友人などの関係性とご祝儀の額にもよりますが、

引き出物の相場としては、

披露宴の飲食費の3分の1を目安
5,000~8,000円程度が一般的の様です

海外挙式のご祝儀はもらえない?相場は?

 

Sponsored Links

コメントを残す