キッチンの油汚れ掃除!壁や床、排水口に効果的な洗剤は?

                         6ad05749c734dc23c1b17a70d89bad3b_s

普段はあまり大規模な掃除は
行わないキッチン

いざ、掃除しようと思っても大変なのが油汚れ!
力を入れずらい細かい溝などもあって大変。

しかし、コツさえ掴めば面倒だった
キッチンの掃除も楽になります

今回はキッチンまわりの油汚れ掃除について
お伝えしていきます。

 Sponsored Links


キッチンの油汚れ掃除におすすめの洗剤は重曹?

コンロなどは特に、油とホコリが混ざってしまい、
頑固で落ちにくい汚れになっていることが
多いのではないでしょうか?

取り外せる五徳などは、40度前後の
お湯につけておくと簡単。

焦げ付きや油汚れが浮いてきますので、
要らない歯ブラシなどで擦ると落ちるようになります。

 

お湯につけても落ちないような汚れは、
クレンザーを少しつけるといいでしょう。

重曹があれば、汚れが目立つところに
重曹を振りかけて歯ブラシで擦ると、
驚くほど汚れが落ちます

重曹で油汚れが落ちるのはなぜ?

特にカビが蓄積されているところなどには
効果テキメンです。

水垢の落とし方!グラスなどの頑固な汚れも簡単に!

 Sponsored Links

キッチンの床や壁の油汚れ掃除のやり方は?

漬け置きができない壁などは、
湿布法をおすすめします。

湿布法とは中性洗剤を含ませたティッシュや
キッチンペーパーを湿ったまま

汚れが気になる部分に張り付けておけば、
液だれせず、狙った汚れを浮かすことができます

 

ナイロンたわし等を使うと
ステンレスのコンロや壁、ガラスなどに
傷をつけてしまう恐れがあるので

柔らかいスポンジや要らない布地を
使うようにしましょう。

 

また、細かい部分などは、
ゴム手袋の上に軍手をはめて、

軍手に中性洗剤を染み込ませると、
自分の手先の間隔で掃除ができます

 

そして、綺麗にしたキッチンを綺麗なまま保つには、
1日1回乾拭きが効果を発揮します。

熱を帯びている状態だと、汚れは落ちやすいので、

コンロ周りなどは、温かいうちに
さっと一拭きすることが重要です



キッチンの排水口の油汚れ掃除は?

普段生活している上でぬめりが気になる場合は、

野菜のゆで汁を熱い状態で排水口にかけると、
大体のぬめりは取れます。

 

大掃除となると、普段掃除しないような
細かいポイントもやっておきたいところ。

ここでも重曹が大活躍します
排水口全体に重曹を振りかけます。

そこにクエン酸を溶かした水をスプレーなどでかけると、
重曹とクエン酸が反応し、発砲し始めます。

 

この発砲がぬめりや汚れを隅々まで
落としてくれる働きをするのです。

10分後ぐらいに汚れが浮いてきたら、
再び重曹を振りかけて歯ブラシなどで擦れば、
簡単に汚れを落とせます。

重曹や酢、クエン酸は鍋の焦げ落としにも効果的!

 

排水口のぬめりを防ぎたい場合は、
銅にはぬめりを防止する作用があるので、
10円玉を数枚入れておくといいでしょう

三角コーナーでの応用することができます。

Sponsored Links

コメントを残す