こどもの日におすすめの食べ物!ちまきや柏餅を食べる意味や由来は?

                         067634

こどもの日には
決まって食べるものがありますね。

生まれて気がつけば食べていたお節句の食べ物

特に5月はこどもの日(端午の節句)に
ちなんだ食べ物を食べますね。

ちまきや柏餅・・・
なんでこの日に食べるのか?

他にもありますが、
こどもの日に食べる食べ物の意味や由来を
知るともっとありがたいものになると思います。

 Sponsored Links


こどもの日の食べ物や献立、行事食はどんなものが?

こどもの日の食卓は、
なんとなくお子さんの好きな物を中心にしたり、

現在ではケーキなどを買ってお祝いしたり、
はたまた外食なんてことも多い様ですね。

 

こどもの日である端午の節句には、

女児のお祝いであるひな祭りの様な
決まった食事というものがなく

例えば子供の将来的な出世や健やかな健康を祝う
端午の節句の意味からちなんで、

出生魚であるカンパチをつかったものなど

日頃から縁起のよい食べ物などを
折り込んでもよいのでは?・・・と思います。

ちらし寿司などもハレの日の食事として
見た目にも華やかで手軽に出来るのでおすすめです。

 

他に、こどもの日に食べる「ちまき」

洋風の食事向けのちまきや、
見た目にこどもの日にちなんだものを

お子さんが食べやすい様に用意してあげれば
良いのではないか?と思います。

 

お料理やお菓子作りの得意なママさんなら、
手作りで鯉のぼり型のケーキなどもいいですね!

こどもの日の定番の食べ物にちまきを食べる意味や由来は?

こどもの日に食べる食べ物として
代表的なものはちまき」「柏餅ですね!

どちらも植物の葉につつまれた餅菓子ですが、
それぞれとても縁起のよい食べ物です。

柏餅を食べる由来!食べ方は?葉は食べる?

 

ちなみにこどもの日の元となる端午の節句

この端午の節句と深い関わりがあるものは
実は粽(ちまき)です。

 

粽(ちまき)の由来はおよそ2300年前の中国。
屈原(くつげん)という詩人

国王の側近であり正義感と国を愛する強さで
国民に大変慕われた方でした。

しかし陰謀により屈原は失脚

国を追われる身になり行く末に失望し
汨羅(べきら)という川に身を投じました。

 

屈原の死を悲しんだ国民は
川に沈んだ屈原の亡骸が魚に食べられぬ様

小船の上から太鼓を叩いて脅してみたり、
供物を投げ込んで弔いました。

しかし、せっかく供物を投げ込んでも屈原の元へと
届く前に悪い龍に盗まれしまう始末。

そこで龍が苦手としている楝樹(れんじゅ)の葉で
餅米を包み邪気を払うという5色の糸で縛り

川へと投げると無事に屈原の元へと届いた様です。

ちまきの作り方!笹の巻き方

 

屈原が亡くなった5月5日に
粽(ちまき)を作り厄を祓うという習慣と、

粽に巻き付けられた5色の糸は現代にも色を残し、
5色の糸は鯉のぼりの吹き流しの色となりました

鯉のぼりの吹き流しの由来!色の意味って?

 

屈原の最後は悲しいものではありますが、

正義感・沢山の人に慕われる人・出世

という意味からも粽(ちまき)は
とても縁起のよいことがわかりますね。

 Sponsored Links

こどもの日に柏餅を食べる意味や由来は?

対する柏餅
餅を包む柏が神木であったことと、

新しい芽が出るまで古い葉が落ちない!

という事から
”家系が絶えない=子孫繁栄”
意味が込められています

 

西日本では柏が入りにくく、
サルトリイバラの葉で包まれています。

 

Sponsored Links

コメントを残す