小春日和の意味や由来!季節は?間違った使い方してませんか?

                         9a5295cf2834503180cb06807a0b41e8_s

「今日は小春日和だよね~」
こんな言葉をよく耳にしますが、

小春日和

本当の意味をご存知でしょうか?

意味を知らずに使っていると実はちょっと恥ずかしい!

今日は、小春日和の意味などについてお話します。

 Sponsored Links


小春日和の意味や由来は?

小春日和の意味は小春に意味があり、

「小春」は陰暦の10月
現在での11月頃の異名です。

この時期、初冬に春の様な穏やかで
温かな気候から春から引用し
「小春(こはる)」といいます。

 

そのため、春のよく晴れた晴天の日や、
晩冬~初春の時期にかけて温かくなり始めた頃

「小春日和」を使うのは間違った使い方なのです。

 

他にも「小春空」「小春凪」といった
小春がつく言葉は冬の季語です。

真冬にちょっとお陽様の出ている日、
温かく感じるときに使うのは間違った使い方です。

五月晴れと小春日和との違いって?

 Sponsored Links

小春日和の季節っていつからいつまで?

季語の使い方は難しいものですね。

小春日和に関しては、「小さな春」と書くので、
冬の終わりの春の様な温かい日と勘違いしがちです

小春日和の季節は
11月~12月初旬

移動性高気圧に覆われる事から
穏やかに晴れる日を差します。

 

また、同じ意味で英語圏でもこうした
冬に入る前の温かな気候について
小春日和同様の言葉があります。

南米ではindhian summerと言い、

イギリスではSaint Martin’s summer
と言うそうです。

小春日和の季語の使い方は?

お手紙やビジネス文書で使う季節の言葉は
その時期に適した季語を使います

「小春日和」については11月~12月
春の陽気が続く際に用いる事ができます。

 

例えば・・・

・小春日和の候

・小春日和の温かな日が続いております。

・小春日和のうららかなお天気が続いております。

・小春日和の今日この頃、いかがおすごしでしょうか。

といった使い方が出来ます。

 

もう少し柔らかくして、
お友達などに送るお手紙などでは、

・春に戻ったか?と思うほど温かい小春日和が続きますね。

・小春日和が続いていますが、つい居眠りしそうになります。

 

いかがでしたでしょうか?
今まで間違って使っていませんでしたか?

ついつい寒い日の合間にふっと温かくなった日に
使いがちである小春日和

 

私自身も間違えた使い方をされているのを耳にします。
近しい方には、ぜひこっそり教えてあげてくださいね。

日本には四季に合わせた素敵な季語があります。

季語には特定の季節を表す言葉でも
ありますので、正しく使うことをおすすめします。

Sponsored Links

コメントを残す