顔や足が粉吹き肌になる2つの原因!改善するための日常対策は?

                         肌トラブルのイラスト

寒くなってくると肌が粉を吹いた様に、
触れるとポロポロとカスの様なものが落ちる・・・

乾燥肌でもないのに、なぜ?
って事があります。

肌にどんな事が起きているのでしょうか?

粉吹き肌の原因や対策について解説します。

 Sponsored Links


顔や足の粉吹き肌の原因は?

空気が冷たく乾燥する秋頃から、
粉吹きが起きて来ると思います。

粉吹き肌の原因には、
内面的原因」と「外的原因」の2つがあります。

 

粉吹き肌でポロポロと落ちるのは「角質層」で、

そのまま症状が進むと肌がひび割れたり、
めくれた状態となります。

「角質層」はウィルス、細菌、紫外線、
異物や刺激といったものの侵入を防いだり、
身体の水分の蒸発を防ぐ働きがあります。

 

粉吹き肌の内面的原因とは?

”血行不良”により細胞が弱くなり
保湿機能を失うことで乾燥が起こるものや、

偏った食生活を続けることで”栄養不足”により
新しく生まれる細胞に栄養が行き渡らず、
肌が乾燥するといったことがあげられます。

 

角質層も正常に働かず
いわゆる「ターンオーバー」ができずに
肌トラブルが起きてしまうのです。

他には”老化”
新陳代謝が低下することでも肌は乾燥します。

 

粉吹き肌の外的要因とは?

”洗いすぎ”により角質層を傷つけたり、
必要な皮脂まで洗い流し過ぎて
乾燥を招いてしまうことがあります。

足や腕など皮脂が少ない部分に関しては、

ナイロンタオルなどで”擦り過ぎ”ていることが
原因となっていることもあります。

他にも、”冷暖房”は著しく肌を乾燥させます。

 Sponsored Links

粉吹き肌の対策にはワセリンやクリームがいい?

肌の粉吹きを抑える対策
起こさせない対策は一時しのぎでは難しい様です。

栄養不足などは生活習慣から改善し、
バランスのとれた食事をし
たっぷりと睡眠をとることも必要です。

 

使用する石けん類なども
アルカリ性から弱酸性のものに変え、

石けんを泡をたてて撫でる様に洗い、
肌を傷をつけない様に気をつけます。

また、お風呂あがりや顔を洗った後は、
乾燥する前にクリームなどで保湿をしましょう。



 

その際に、完全に拭ききるのではなく、
肌に多少水分が残った状態で塗る事がポイント!

足などであればワセリンなどを使ってみてもよいでしょう。

 

粉吹き肌の治し方!改善方法は?

まず保湿が必要である事は鉄則として、

身体の「冷え」から起きている事も多いので、
食生活の改善をはかりましょう。

青魚や緑黄色野菜を中心に、
適度に動物性タンパク質も摂り、

身体を温める生姜やネギ、にんにく等を
積極的に料理に取り入れるのが効果的です。

 

暖房器具は適温に保つ様にし、
使用する際は必ず加湿も行いましょう。

加湿は風邪予防にもなります

手や足、すねはマッサージを行い、
血流をよくすることも大切です。

 

ポロポロと角質が剥がれるのは
気になるところですが、無理に剥がしてはいけません!

保湿性の高い化粧水などを付けて抑えてみてください。

 

Sponsored Links

コメントを残す