クラゲの飼育方法!水槽や餌・寿命は?淡水で簡単にできる種類は?

                         ミズクラゲの画像

フワフワと水の中を浮遊するクラゲ

水族館などで見ているとライトアップもされて
その独特の透き通る体が幻想的で素敵ですよね。

 

中にはユーモラスな種類もいたり、
見ていて楽しい海のいきものです。

お家で飼ってみたい!そんなあなたにご紹介!
クラゲの飼育についてご紹介します。

 Sponsored Links


クラゲの飼育方法は?寿命はどれくらいなの?

クラゲの飼育方法
割と難しいとされていますが、

今では飼育キットなども販売があり、
割と人気があるペットです。

 

しかし、いくつか注意点があります。

・水温や水質などの変化にとても弱い。

・熱帯魚などと一緒に出来ない。

・水流ポンプ使用時は
 吸い込まれない様配慮が必要。

水槽用のクーラーやヒーターを使い

水温23度くらいでの設定や、
水質の測定を定期的におこないます。

レイアウトも泳ぎの妨げになるので必要なく、
とてもシンプルです。

 

気になる寿命は発生から消滅までの寿命として、
自然界での寿命はハッキリ解っていない様ですが、

ペットとして飼っているクラゲにおいては
平均にして半年~1年程度とされています。

 

もちろん自然界には不老不死のクラゲが
存在している様ですが、
ペットとして飼育するクラゲにおいては

やはり自然とは異なるので、
長くは楽しめないということです。

 Sponsored Links

クラゲを飼育するための水槽選びや餌は?

一般的にクラゲを飼育する場合は、
ライティングが出来る専用の水槽などがあるので

設置する場所のサイズや
お部屋のインテリアにあったもの
クラゲが窮屈にならない様なものを用意します。

 

水は人工海水を作ります

こうしたものはクラゲを購入したお店に
かならず置いてあります。

クラゲは先ほども申しましたが、
水の変化にとても敏感で水質が悪くなる事も
とても敏感になり寿命に左右して来ます。

 

も同様に販売がありますが、
動物性プランクトンを餌としているので、

そうしたものを原料にしている粉末状のものを
注射器(針無し)などで与えます。

口腕(こうわん)という部分で捕まえて
中央にある口へと運び食べるのですが、

食べ残しなどがクラゲの粘膜と排出されるため、

与え過ぎた場合は速やかに
食べ残しを取り除く必要があります

 

水温が低い時や水が汚れている場合には
餌を食べない事もあります。

それだけ水の管理が重要です!

 

淡水で簡単に飼育できるクラゲの種類!

比較的簡単に育てられるクラゲに、
『マミズクラゲ』というクラゲがいます。

 

カルキ抜きした淡水で育てられるクラゲです。

出来れば迎える2日前よりエアーを入れて
自然に抜いた水の方が良い様です。

とても小さなクラゲで大きくなっても3センチ程度。

そのため、数によっては
大きめのグラスなどで育てる事ができます

しかし、クラゲの形の期間は短く、

1~2週間ほどで複数飼育により産卵、
ポリプから増やす方法で長く楽しめます。

 

いずれにせよ飼育するクラゲも

種類によっては弱い毒を持つ種類もあるので
素手で触れない様に注意しましょう!

 

Sponsored Links

コメントを残す