空腹時に薬を飲むと効き目で副作用が!?予防方法や効かない原因は?

                         127812

薬を飲む場合には空腹で飲んではいけない!
・・・といった注意書きがなされています。

処方された薬でもその多くは
食後に飲む様に指示がなされますが、
空腹で飲んだ方が効き目が早く、
しっかり効く様な気がします。

空腹で薬を飲んだらどうなるのでしょうか?
副作用や薬の飲み方などについて調べてみました。

 Sponsored Links


食後と空腹時では薬の効き目に違いはあるの?

薬を飲む時に空腹で飲んだ場合に、
効き目は変わるのだろうか?

多くの薬は空腹で飲んではいけない様な
注意書きがされているのがほとんどだと思います。

空腹の時の方が余計なものがなく、
薬の効能をダイレクトに受けられるのでは?

・・・と単純に素人の私たちは
そう思ってしまうのですが、実際はそうではない様です。

 

近頃では胃に食べ物が入っていた方が
効率良く効く様に処方され吸収がよい薬もあるとか。

逆に何も胃の中に入っていない状態で
薬を飲む事は副作用のリスクが高まる!

他にも胃壁に薬が直接触れる事で
刺激となって荒れてしまうといいます。

 

特別な指示がない限り食後30分以内に薬を飲むのは
吸収率と胃を守るため!

個々の薬の副作用などが出にくい様にするには
空腹で飲まない方がいいってことになりますね。

空腹や絶食で得られる効果!若返り効果がある!?

 Sponsored Links

空腹時に薬を飲むと吐き気など副作用が!?予防には牛乳やヨーグルト

薬を飲んで吐き気がした!
という経験をされた方はいないでしょうか?

例えば女性なら生理痛を抑える薬や
胃痛や腹痛、頭痛薬など・・・

「鎮痛剤」と呼ばれる薬ですが、
割と痛みが出てから飲むので空腹の時に
おもむろに飲んでいる事が多いと思います。

 

鎮痛剤は特に胃が弱い方が空腹で飲むと
副作用によって胃を荒らす事となります。

そうした経験がある方は、
牛乳やヨーグルトをお腹に入れてから
鎮痛剤を飲むと副作用対策が出来ます

また、薬を飲むときは
水を多めに、コップ1杯は飲む様にするのもポイント!

牛乳で骨が弱くなって溶けるって本当?

 

水分が足りないと胃壁に薬が張りついて
そこから出血を伴う事もあります。

知らずのうちに貧血なんてこともなくもない話です。

空腹でコーヒーを飲むと吐き気や気持ち悪くなる原因!

薬を飲んでも効かないのはタイミングや一緒に飲む物の問題!?

「薬」とひとえにいっても様々な薬があります。

中でもとりわけ抗生剤や抗菌剤(グリセオフィルビン)、
脂溶性下剤(コーラックなど)は、

乳製品と一緒に飲むと薬の吸収を阻害するので
飲むときはぬるま湯にするといい様です。

 

さらに下剤においては空腹で飲まないと、
胃の内容物と下剤の成分が反応し効果を弱めてしまう

・・・といった事はある様です。

下剤を飲む場合のタイミングとしては
夜の就寝前がベスト

飲んで朝起きた頃には薬の効果と
腸が活発になる時間帯でもあるタイミングなので
なおの事、下剤の効果を発揮できるというわけです。

硬い便が出ない時の出し方や解消法!

 

他にもED薬なども空腹時に飲んだ後は
30分後から食事は可能。

アルコールは飲まない方が効き目がよいといいます。

 

Sponsored Links

コメントを残す