ラベンダーの精油やアロマオイルの品種や種類で効果が違う!?

                         アロマオイル

アロマテラピーで代表的なラベンダー
とても万能だってご存知ですか?

ハーブの女王とも呼ばれ

精油以外にもハーブティーや
ルームフレグランスなど多く用いられています。

ラベンダーが持つ効果とは?
ハーブティとしての効果は?品種は???

今回はラベンダーに注目し、
とことん優れた効果についてご紹介します!

 Sponsored Links


ラベンダーの精油は品種や種類によって効果が違う!?

ラベンダーはアロマテラピーでも
多く使われるハーブですが、主に精油を使用しますね。

精油は刺激が強いので直接肌に
塗るような使用の仕方はしません。

1~2滴であれば肌に付着しても
安心な精油ではあるのですが、

品種を間違えるとよくないものもあります。

 

・Lavandula augustifolia
・Lavandula officinalis
・Lavandula vera
・真性ラベンダー
・イングリッシュ・ラベンダー

といった精油は安全ですが、

・ラベンダー・ストエカス(フレンチラベンダー)
・ラベンダー・スピカ

などは注意が必要です。

 

ストエカスには脂肪を溶かしたり、
胆汁分泌促進といった作用する

「ケトン類」を含んでいます。

脂肪燃焼だったら嬉しい効果!
と思いがちですが、神経系に対してとなり、

原因は不明ですが、
手の震えが止まらなくなったりするようです

スピカにおいても「ケトン類」を少量含み、

傷を治す効果がありながら
リラクゼーションには不向きな香りとされています。

 Sponsored Links

精油とアロマオイルの効果の違いは?、

精油アロマオイルが同じだと
思われている事も多いです。

アロマの勉強をされている場合には
その違いはご存知だと思います。

精油はその植物の中にある

”芳香物質”のみを純粋に抽出したもの、
すなわち100%天然

 

では”アロマオイル”とは
どんなオイルなのでしょうか?

精油やエッセンシャルオイルと表記してよいものは
天然100%のものだけです。

アロマオイルの場合は化学香料であるのです。

アロマオイルが駄目だということではなく、
使用する用途が異なるのです。

 

アロマオイル香りを楽しむだけのもので、

肌へ付けるなどの用途で作られていないため、
肌荒れの原因に繋がります。

精油はものによってはお風呂に入れたり
キャリアオイルと混ぜてマッサージを楽しんだり

用途は幅広いですがしっかりと把握しておく必要があります。

ラベンダーの効能で太る!?妊婦には危険なもの?
 

ラベンダー香りやハーブティーには安眠以外の効果も!?

ラベンダーの効果とはまず香り!

鎮静効果がありストレスなど心身をリラックスさせ、
不安やイライラを解消する働きがあります。

ラベンダーティーを眠る前に飲むと
緊張がほぐれ安眠効果などに繋がります。

 

他には・・・

・抗菌、殺菌作用
・防虫効果
・消炎作用
・不眠
・躁うつ
・筋肉痛の緩和

得にイングリッシュラベンダー(コモンラベンダー)には
最も効能があるとされています。

 

ストレスから切ってもきれない世の中ですが、
植物の持つ力は古くから上手に使われて来ました。

ぜひラベンダーの力を使って
穏やかに過ごしてみませんか?

 

Sponsored Links

コメントを残す