お祭りの神輿衣装!女性、子供の粋な着方、着こなし!

                         プリント

夏が近づくとお祭りや、花火大会の
スケジュールやPOPが飾ってあったりします。

子供の頃は、縁日が楽しみで
よく夏祭りに行ったものです。

そういえば、みなさんは
お神輿って担いだことはありますか?

お神輿の衣装にはどんなものがあるのでしょう?

そこで、お神輿や担ぎ手さんの衣装を調べてみました。

 Sponsored Links


お祭りなどのお神輿ってどんなもの?

お神輿は簡単に言うと、神様の乗り物です。

お祭りの時に、神霊入れの儀式を行い、
神様を乗せて、町内などを巡り、

氏子の幸いを祈ったり、災いを取り除いたりして
また神社に戻ってくるものです。

 

お神輿は神様の乗り物なので、
基本的には人が乗ってはいけません

人が乗っているものは、山車(だし)と言って、
太鼓をたたいたり、笛を吹いたり、踊ったりして、

神様のお供をしたり、先導をする役目として
前を通る場合があります。

a0008_000411
 

また、お祭りが終わると
お神輿や山車を倉庫にしまう前に、
還御の儀式が行われ、また来年まで保管されます。

神輿の担ぎ方の種類!背が低い、肩を痛めない5つのコツ!
 

お祭りによっては、子供も担げるように、
比較的軽く小さい子供神輿

女性が担ぐギャル神輿なども
ニュースなどでよく聞くこともあります。

お神輿を担ぐ時の衣装って?

大体ですが、町内会などで
統一されているのがほとんどです

まずは参加する組織の方に確認することが1番です。

みんな揃いの法被半纏
着用しているのが多いですよね。

 

一般的にはどんなものが必要なのか、
まとめてみたので参考にしてみてください。

・ダボシャツや鯉口シャツ、さらし

・股引(長股引・半股引)、ふんどし

・足袋

・雪駄

・小物類(ポーチ・巾着・木札・たすき鈴)

このあたりがあれば、大体衣装は、きまりますね。

ちなみに、股引きの履き方には、コツが必要です。

 

股引きの履き方

1.股の布がつながっている部分が前に来るように持ちます。
  片足づつ履き、両足を通します。

2.体の右側の紐を、背中を通り、体の左側に持っていきます。

3.左手でその紐を持って、股の間にある穴にその紐を通します。

4.通したら、右手で持っておいて体の左側の紐を
  同じように背中を通り、体の右側へ持っていきます。

5.そうすると、紐が両方とも右手側になります。
  この時、お尻のあたりを整えて体の右側の
  腰部分でちょう結びをしたら完成です。

 

女性のお神輿衣装は、おしゃれ重視◎

女性の衣装も基本は男性と一緒ですが、
最近よく聞く女(ギャル)神輿

担ぎ手の女性の衣装って可愛いですね。
女性の衣装もこだわりがあるようです。

 

鯉口シャツやダボシャツとお揃いの
手ぬぐいなんかにすると、よりオシャレです!!

お祭り用品専門店に行くと、最近では
女性用にカラフルで可愛い衣装が揃っています。

【完全フル装備】お祭りセット【女性用7点セット】女性用 衣装 神輿<…

股引も、半股引という膝上丈があります。
脚長効果ではないですが、美脚がはえますね。

 Sponsored Links

子供の神輿衣装は何を着せたらいいの?

基本的には、男女とも大人と同じ衣装です。

法被や半纏、鯉口シャツ、帯、股引、足袋、雪駄、腹掛など

小物なら、ポーチや巾着、木札やたすき鈴が
あれば、カッコよくきまって、バッチリです。

 

最近では、お祭り用の子供衣装のセットなんかも、
1万円くらいで全部揃います。

股引も履かせたり、脱がせにくいので、
ズボンタイプなんかもあります。

可愛い柄の鯉口シャツなんかもありますので、
気になる人はセット購入もいいかもしれません。

 

今年の夏は、ぜひお祭りに参加して、
お神輿を担いでみてはいかがですか?

Sponsored Links

コメントを残す