ミニトマトの栄養はトマトと違う!?効能や効果、糖質やカロリーは?

                         サラダの画像

何気にお弁当やサラダに
入ってるミニトマト

トマトよりも小さいから栄養なんて・・・
なんて思っていませんか!?

実はミニトマトの方が栄養があるんです!
小さな体に栄養たっぷり!

魅力的な野菜
ミニトマトの栄養についてくわしくご紹介します!

 Sponsored Links


ミニトマトとトマトとの違いは??

ミニトマトとトマトの違いは、
見た目の大きさ

ナス科ナス属の仲間であることは同じで
果実の大きさには大まかに3段階あります。

・大玉トマト(200g以上)
・ミニトマト(20~30g)

上記2者の間に・中玉トマト(ミディトマト)

トマトダイエットの効果!失敗しない2つの方法!

 

さて、大きさの違いだけなのか?
と思いきやそうではなく、

実はミニトマトの方がサイズが小さいのに対して

”トマトよりも”豊富に栄養を含んでいるという
大きな違いがあるのです!

どれだけ栄養が違うのか?
その違いは次でお話することとしましょう。

 Sponsored Links

ミニトマトの栄養や効能!その効果とは?

ミニトマトの栄養成分は、
トマトの栄養と同成分が含まれています

トマトは緑黄色野菜の中でも
代表的な野菜の1つですね。

 

βカロテンを程よく含み、
体の中でビタミンAに変わり、

・抗発ガン作用
・免疫賦活作用
・髪の健康維持
・活性酸素抑制
・目の健康維持
・皮膚・粘膜の細胞正常

などといった効果を持っています。

 

そしてトマトといえば赤い色に含まれる
「リコピン」という色素。

カロテンの1種なのですが、βカロテンとは異なり
ビタミンAに変化しない栄養素です

その主な働きは高い抗酸化作用

βカロテンやビタミンEの働きの
何倍もの効果を持っています。

思えばリコピンを含んだ
スキンケアなどもありますよね!

トマトの酸味の原因!酸味を和らげる方法は?

 

他には果汁成分に脂肪燃焼させる
遺伝子を増殖させる「13-oxo-ODA」

というリノール酸の1種を含んでいて、

肝臓で脂肪燃焼に働くたんぱく質が
多く作られて血糖値を下げる

という作用が2012年2月に発見されました。

 

同じ年の5月にはカゴメと、
アサヒグループホールディングスの共同研究により、

アルコールを飲酒する際にトマトを一緒に食べると
血中アルコール濃度が3割程度低下する

といった実験結果が発表されたことでも有名です。

 

本題に戻り、ミニトマトは中でもβカロテンが多く、

トマト100g=540μgに対して、
ミニトマトは100g=960μgと高く、

他ビタミンやミネラルもミニトマトの方が豊富です。

このβカロテンはオレンジ系ミニトマトには
含有量が多いのも特徴です

ミニトマトの品種!糖度が高くて甘い人気の種類は?

 

ミニトマトの糖質やカロリーはどれくらい?

糖質+食物繊維=炭水化物

ミニトマトの炭水化物量は100gで7.2g
その中でも食物繊維は1.4g

ともなれば糖質は100gで5.8gとなります。

 

主な糖質は、
果糖・ショ糖・ブドウ糖の順で多く

ショ糖は消化酵素によってブドウ糖や果糖といった
単糖になり体に吸収される時間が早いのです。

単糖は吸収が早くさらに脳の栄養でもあるので、

朝食や昼食に摂取しその後の脳の働きに
多いに役立つと思います。

カロリーは100g=28.9kcal

 

Sponsored Links

コメントを残す