水出しコーヒーに使う豆の種類や分量!挽き加減や粗さは?

                         e4ab2da130a4fece8b934aa41ef46774_s

夏はヒンヤリ冷たい飲み物が美味しい季節!

コーヒー党の方の楽しみ方には、
水出しコーヒーという飲み方もあります。

アイスコーヒーもおいしいですが、
苦味が抑えられまろやかな味の水出しコーヒー。

お家でも作れますが、
作るときの豆の量や挽き方などがわかりません。

また、アイスコーヒーを作る時よりも
コーヒー豆を使うので安くて美味しい
おすすめのなどご紹介して行きたいと思います。

 Sponsored Links


水出しコーヒーの豆の量や分量はどれくらい?

アイスコーヒーの進化版といった部類の水出しコーヒーは、
今では喫茶店やコーヒー専門店などでも楽しめます。

また手軽にお家でも作れるものなので、
いつでも楽しめる飲み物として注目されてます。

特別な器具も必要有りませんが、
コーヒー専門器具を扱うメーカーなどでは、
作りやすい様にと専用容器を展開しています

 

そこで、いったい水出しコーヒーを作るのに
挽いたコーヒー豆のはどれほど使うのか?

・・・気になる部分です。

およそ使用するピッチャーの量は、
500mlか1リットルのものを使用すると思います。

水出しコーヒーに必要なコーヒー豆の量は
1リットルで約80~100gが一般的の様です

 

粉自体の焙煎方法や挽き方の粗さ、
鮮度や水自体の温度などでも変わるので調整してください。

 Sponsored Links

水出しコーヒーに使う豆の種類や粗さ、挽き方は?

水出しコーヒーに使う豆の粗さは、

細かければ細かいほどコーヒー豆の粉と水とが
触れる面が広くなるので細挽きがおすすめ。

抽出時間が8時間程度であれば
ほどよく苦味も感じる味に仕上がっていると思います。

それ以上、つけておくと豆の性質によっては
エグミが出る事もあるので、
好みの味に仕上がっていたら取り出しましょう。

 

豆の種類は酸味を控え、コクと苦味の強めのものが好ましく、
必ずアイスコーヒー用を使用してください

また、焙煎についてもシティーロースト以上のもので
深めに煎られたものの方が風味が増します。

・フレンチロースト
・イタリアンロースト

といった深めのもの、

種類はブラジルやグァテマラなどといったものが
ほどよいのではと思います。

 

自身でも色々な豆で試してみる!というのもアリなので
これはあくまでも一般的に薦められている豆の種類です。

水出しコーヒーにおすすめの安いコーヒー豆は?

手軽さから言えば
業務用スーパーなどで出回る大袋のタイプになりますが、
味にこだわるなら通販などでチェックするとよいでしょう。

コスパがよく美味しいと人気の豆は、
澤井珈琲Beans & Leafさん。

 

私自身もよく利用させていただいてますが、
アイスコーヒー豆の福袋などもあり、
お湯で淹れてもおいしいコーヒー豆が購入出来ます。

時期などによっても行う内容は異なるかもしれませんが、
20杯分500円など手軽で美味しい水出し用の
コーヒー豆を購入する事ができます。

Sponsored Links

コメントを残す