モクレンとコブシの特徴や開花時期の違い!見分け方や区別方法は?

                         a1180_013991

春になると高い所も低い所にも
花が一斉に咲き出して街も華やいで見えます。

そんな華やぎの中にひときわ目立つ
モクレンコブシ

街路樹や公園などでも見られとっても身近な春の花です。

ふんわりと咲くその姿は思わず見とれてしまいます。

が!

どれがモクレン?これはコブシ???

とっても瓜二つのモクレンとコブシ
その違いなどに迫ります!!

 Sponsored Links


モクレンとコブシの違いは?特徴や開花時期で比較してみた!

ここでお話するのは、
モクレン(紫木蓮)、コブシ(辛夷)の違いです

そう、”モクレン”と言われているのは、
花びらの外側が濃紅紫の花を差していいます

そうすると一目瞭然で、
花の色の違いと言えばそれで終了です。

モクレンの花言葉の意味や名前の由来!

 

恐らくそっくりで解らないとされるのは
モクレンの仲間のハクモクレン(白木蓮)

ただ、コブシにも花の色に白以外で
薄いピンクのベニコブシ(紅辛夷)等があります

では、どういった特徴があるのでしょうか?

 

まず、開花時期に違いがあります。

3月中旬から咲き始め、花の大きさが
8~10センチで、上向きに咲くのがハクモクレン

その後10日~1週間後に咲き、
花の大きさがハクモクレンの半分ほど

斜め上や横向きに咲くのがコブシです。

 

さらに後に咲くのがモクレンです。

コブシの方が花びらがシャープで、厚さがないのが特徴です

 Sponsored Links

モクレンとコブシの見分け方や区別方法は??

ハクモクレン

・花びらとガクを含めて9枚
・厚みとふくよかな形の花びら
・葉の色がコブシよりも薄い
・花の大きさが8~10センチくらい
・葉の大きさがコブシより大きい
・実はコブシより大きい
・上か斜め上を向いて花が咲く。

 

コブシ

・花びらが6枚
・薄めでシャープな花びら
・葉の色がハクモクレンより濃い
・花の大きさは4.5センチくらい
・葉の大きさがハクモクレンより小さい
・実はハクモクレンより小さい
・斜め上か横向きに花が咲く。


特徴をまとめると、パッと見分けのつくポイントは
『大きさ』ってことがわかりますね!

 

学術上でのモクレンとコブシの区別や違いとは?

見た目の違いが解った所で、
本質、学術上での違いとはなに?

・・・と思われるでしょう。

モクレンもコブシも
モクレン科モクレン属の被子植物!

 

つまり”仲間”というわけです。
納得ですよね。

モクレン属は210種類ほどあり、

・タイサンボク
・ホオノキ
・オオヤマレンゲ
・タムシバ
・シデコブシ

などといった木花は、
皆モクレン属ということで、よい香りを漂わせています。

 

なかなか素人だと見分けはつきにくいですが、
モクレン属の花は木に咲くため目に入りやすいと思います。

咲いている姿を見たらちょっと興味深く
観察してみてはいかがでしょうか??

 

ちなみにコブシは北海道では、

ヒキザクラ、シキザクラ、キタコブシ

などと呼ばれ愛されています。

遠くから見ると姿が桜に似ていた事から
そう言われる様になった様ですよ!

 

Sponsored Links

コメントを残す