もみじの種類と見分け方!庭木向きの品種や育て方のポイント

                         f7377c0843d37163d040ccbfea4ce575_s

四季によって彩りを変えるもみじ

色々な種類がありますが、
庭木や盆栽で楽しむ方も多くいらっしゃいます。

日本らしい風情のある植物なので、
お庭に置いてみようと思う方も少なくありません。

そこで今回はもみじの種類

庭木や盆栽などで人気のあるもの、
育て方などについてご紹介したいと思います。

 Sponsored Links


もみじの代表的な種類と品種!その見分け方は?

もみじには似通っていながら種類が異なるものが多く、
素人目にはなかなか見分ける事が出来ません。

・イロハモミジ
・オオモミジ
・ヤマモミジ

といったものが主な種類

 

イロハモミジとオオモミジの分布として、
イロハモミジは太平洋側に広く分布しており、
ヤマモミジは逆の日本海沿岸に自生してます。

イロハモミジは比較的低いところで見られ、
オオモミジは標高の高いところで見られます。

葉の見分け方としては、イロハモミジとヤマモミジは
葉の縁のギザギザが深い重鋸歯

オオモミジは単鋸歯といい
それほどギザギザが深くなく浅く細かくなっています。

 

他に見分けるとすれば、実の付き方が異なります

イロハモミジの実はプロペラ型に対し、
オオモミジとヤマモミジは、
U字もしくはブーメランの様な型をしています。

大きさはイロハモミジ<ヤマモミジ<オオモミジ
・・・といった大きさの違いがあります。

 Sponsored Links

盆栽や庭木向きのもみじの人気の種類は?

お家でもみじを育てよう!
と言った場合にどんな種類が人気なのか?

多くはヤマモミジが美しく人気です

夏は緑豊かで爽やかな印象に対し、
秋は紅葉し季節感を加えてくれます。

和なイメージがありますが、
洋にまとめたお庭にもぴったりです。

 

もちろんより洋風らしいものもあり、
庭木向きのアメリカハナノキという西洋カエデ。

中でもレッドサンセットという品種は
別名、赤カエデや紅カエデと呼ばれるだけの
真っ赤なカエデで樹勢が強いのでよく育ちます。

もみじの育て方!植え付け時期や剪定方法は?

もみじの植え付け・植え替えについては
一般的に10月から翌年の入梅までに行ないます

寒冷地は12~2月を避けるようにします。

水はけよく栄養が豊富な土を好み、
日当りのよい場所が適しています。

日光が1日2~3時間ほど当る場所なら大丈夫です

 

剪定は基本必要がないのですが、
枝が混み合って来たときは行います。

新しい枝を育てる様な感じで枝分かれした所から
切って行くといった感じが良さそうです。

もみじはそのままの姿を楽しむものなので
それほど神経質に剪定する必要はありません。

 

肥料は開花前に油かす腐葉土
株の周辺を掘り起こして与えます。

また、もみじは乾燥に弱いので
夏場は葉も根もたっぷりと水を与えるのがポイントです

ホースなどで全体にかけてあげるとよいですね!
鉢植えなどでも土が乾いていたら都度あげてください。

 

Sponsored Links

コメントを残す