栄養満点のモロヘイヤのおいしい食べ方!茎には注意!?

                         moroheiyayoko2

暑くなってくると夏バテを防ぐために、
体力の付きそうなものを食べたい所ですが、

今年はウナギも高いし…。

ということで、値段もお手ごろで
栄養価も高いモロヘイヤを食べてみませんか?

今回はモロヘイヤの食べ方についてご紹介します。

 Sponsored Links


モロヘイヤとは?

モロヘイヤは、シマツナソとも呼ばれ、
アラビア語で野菜の王様と言う意味です。

どんな薬を飲んでも病が治らなかった
王様が、モロヘイヤのスープを飲んだら
治ったなんて話に由来しているようです。


 

栄養の面でも王様で、
栄養価が高いとされているホウレンソウの
2倍の栄養を含んでいるのです。

 

ホウレンソウや水菜などの
他の青菜野菜は冬が旬のものが多いですが、

モロヘイヤは中近東地域が原産のため
暑さに強いので、が旬です

ここ20年位の間に日本でも栽培されるようになり、
暑さや虫にも強いので、家庭菜園でも人気がある野菜です。

モロヘイヤの栄養は?

モロヘイヤには以下の栄養素が含まれています。

 ベータカロテン

体の抵抗力を高める。
動脈硬化の予防や改善になる。

 ビタミン類

免疫力を高めたり、疲労回復を促す。
抗酸化作用。

 カルシウム

骨や歯を作る。ストレスを和らげる。

 

また、忘れてはならないものが
ムチンです。

ムチンとはネバネバした成分のことで、
茹でたり刻んだりすると出てきます。

このネバネバが胃や粘膜を保護してくれるので、
消化不良や食欲不振に役立ちます

夏バテで弱った体にはうれしい成分なのです。

夏バテは食事で改善!予防する5つの栄養!

 Sponsored Links

モロヘイヤのおいしい食べ方!レシピ!

モロヘイヤはクセがないので、
さまざまな料理に使われます。

使い方はホウレンソウと似ていて、

おひたし・和え物・炒め物・お味噌汁の具・天ぷらなどがお勧めです。

その中で、いくつかレシピを紹介しましょう。

 

 生モロヘイヤとトマトのサラダ

モロヘイヤは食物繊維も豊富で、
生でも食べられるので、便秘などに効果があります。

材料 4人分

モロヘイヤ・・・1束
トマト・・・1個
塩・・・2つまみ
にんにく・・・1かけ
オリーブオイル・・・少々

 

 モロヘイヤは茎が硬いので除き、ざく切りにする。
    トマトは小さく刻む。

 モロヘイヤとトマトに塩をなじませる。

 にんにくをすりおろしオリーブオイルと和えたら、
    塩になじませたモロヘイヤとトマトにかけて出来上がり。

 

モロヘイヤを生で食べると、葉っぱの毛により
口当たりが悪かったり、えぐみがあったりします

気になる場合は、さっと10秒程茹でましょう。

ここで気を付けたいのは、
加熱しすぎると栄養が失われてしまうので、
ほんの少し茹でることが大切です。

 

 モロヘイヤ・ベーコン・しめじの3色炒め

モロヘイヤに含まれているベータカロチンは、
加熱すると吸収も良くなるので、炒め物はお勧めです。

材料 2~3人分

モロヘイヤ・・・2束
ベーコン・・・4~5枚
しめじ・・・半パック
塩・こしょう・・・少々
オリーブオイル・・・小さじ1

 

 モロヘイヤは葉だけ使用。さっと茹で、細かく刻む。

 ベーコンは短冊切り、しめじは根元をほぐしてばらし、炒める。

 火が通ったら、最後にモロヘイヤを入れ、塩・こしょうで味をつける。

 

他にも、ネバネバを生かすために、
包丁で叩いてから納豆やとろろに
混ぜる食べ方もあります。

モロヘイヤの食べ方の注意点!毒性あり!!

モロヘイヤには毒性があることも知られています。

成熟した種子や莢(さや)、茎には
ストロファンチジンという成分があり、
めまいや吐き気を起こすことがあるのです。

 

しかし、食品安全委員会は、流通している
モロヘイヤは栽培管理されていて、

若いものを出荷しているので
問題ないと明言しています

ですので、スーパーなどで売られているものは
茎まで食べても問題ありません

 

しかし、家庭菜園で作られたものは、
その判断が難しくなる
ため、
葉のみの使用に留めておきましょう。

 

普段馴染みがない野菜は、
なかなか手に取ることもないですが、

1束100円程度で手に入るので、
一度チャレンジしてはいかがでしょうか?

 

Sponsored Links

コメントを残す