もつの下ごしらえは圧力鍋で簡単!小麦粉、牛乳でもデキる!?

                         f2853c0e70a7ffef7a27282e08564986_s

モツ鍋やモツ煮、とても美味しいですよね!

下ごしらえをしっかりすれば
臭みや脂も気にならずに
美味しくいただける食材です!

 

扱い方がわからない・・・
なんて言わずにぜひ、使ってください!

今日は、もつの下ごしらえについてご紹介します!

 Sponsored Links


牛や豚のもつの下ごしらえ方法は?

モツの下ごしらえは、
状態や使う用途によって異なります

ご家庭で扱うモツは、
大抵スーパーなどで購入すると思います。

下処理がすでにされているものも多いですが、
脂が気になる場合にはむしる様に取り除きます。

モツが冷えている状態のほうが、
脂は摂りやすく作業しやすいです

 

そして、下茹でをすることで臭みや余計な脂を取り除き、
さらには柔らかく煮上げる事ができます。

たっぷりの湯を沸かして下ごしらえをしたモツを入れて
1~2分程したらザルに上げて、お湯で洗います。

白濁した感じがなくなれば完了!

 

圧力鍋を使うのでしたら
茹でこぼしは1度だけで十分ですが、

で煮て行く場合には
2~3回の茹でこぼしを行います。

 

そして改めてお湯を沸かし直して、沸騰したら
水気をきったモツ・酒・長ネギの青い部分、生姜
加えて茹でます。

アクが出る様であれば取り除き、
手で簡単に裂ける程度まで
柔らかく弱火で茹でて行きます。

長ネギの青い部分の栄養は?ねばねばしてるのはなぜ?

 

時間にして、およそ50~60分ほど。

途中、水が少なくなったら足しつつ
煮込み料理や鍋の場合は汁ごと使用。

炒め物などであれば水気を切って使用します。

 Sponsored Links

圧力鍋を使った簡単なモツの下ごしらえは?

下処理までは先にご紹介した方法と同じ。
茹でこぼしを行っておきます。

スーパーで購入してきた下処理済みであっても、
茹でこぼしをすることで

臭いや脂を再度取り除きますので
しっかり行っておきましょう!

 

茹でこぼししたモツと、
水・酒・長ネギの青い部分、生姜

圧力鍋に入れて、
初めは強火で茹でてアクなどを取り除きます。

蓋をして圧をかけて弱火20~30分程度。

圧力鍋によっては若干差があるかもしれませんが、
目処にしてみてください。

 

後は圧を抜いて持つをザルにあけて
水気を切って水洗いします。

鍋で下茹でするよりは時短出来るでしょう。

 

また、ここまで下ごしらえしたモツは
冷凍保存が出来るので、1度で
たくさん下ごしらえしておけば便利に使えますよ!

もつの保存方法!期間は?

 

小麦粉や牛乳でももつの下ごしらえは可能です!

牛モツよりも豚モツの方が臭いが強い傾向ですが、
どちらも生の状態で処理する方法として、

小麦粉1カップほど使いモツを揉む様にし、
3回程、繰り返し行ったら水洗いをし、
汚れや臭いを落とす方法があります。

 

他には、牛乳1時間ほど浸け込み、
臭いを消す方法があります。

この場合には、茹でこぼしは必要がなく
下茹でに入ってしまいます。

 

Sponsored Links

コメントを残す