ナスの栄養成分に含まれる効能!健康以外に美容効果も期待できる!?

                         ba0eb2458b715bd0ad5de9d9b324976c_s

今では年間通して購入出来る「ナス」

淡白な味で水分が多い野菜であり、
栄養が本当にあるのかと思った事はありませんか?

炒めたり・揚げたり・蒸したり煮たり、
どんな料理にも合うナスの栄養をご紹介します。

 Sponsored Links


ナスに含まれる栄養成分!カロリーは?

旬は夏のナスですが、
素材を活かした味付けで美味しい野菜ですね。

浅漬けなどにすると分かりりますが
とても淡白な味でみずみずしいのですが
栄養という栄養を感じる程強い味がしません。

もちろん栄養成分は含んでいて、
主に「カリウム」を多く含みます。

体内の余計な塩分を排出し水分量を調整する働きがあり
利尿作用や血圧を下げたり体を冷やす野菜です。

 

他にβカロテンやビタミンK、
葉酸、リン、マグネシウムやカルシウム

・・・といったビタミンやミネラルなど
微量ながらもバランス良く含んでいます。

なすの多くは水分で約90%を占めています。

 

気になるカロリーは100g中22kcal

かなりヘルシーですが油を吸収しやすいので
炒め物や揚げ物となるとカロリーが上ります。

揚げなすや天ぷら、おやきなどのカロリー違いは?

 Sponsored Links

ナスの効能とその効果とは?

ナスによる効果や効能ですがカリウムによる働き以外に、
皮に含まれている成分に注目されてます

紫紺色の皮には「ナスニン」と呼ばれる
ポリフェノールの一種であるアントシアニン系の色素を含み
とても強い抗酸化作用を持ちます。

 

このナスニンの作用によりガンや生活習慣病、
老化の原因となる活性酸素を抑制する働きをします。

さらにコレステロールを吸収するといった働きをします。

なすの皮の栄養!ぶつぶつしたり変色、固い場合は危険?

ナスには美容効果もあっておすすめ?

ナスがもつ栄養成分などで得られるのは
健康効果だけではなく美容にも繋げる事ができます。

皮に含まれるナスニンについてご紹介しましたが、
「抗酸化作用」は美容にもよい働きをします

ポリフェノールは多くの化粧品に含まれていますが、

シワなどの老化防止以外に
シミやソバカスなどといった肌の悩みにとてもよいものです。

 

ナスニンはよく言う「アク」の中に含まれています。

あまり長い時間水に浸していると
水に溶けだしてしまう性質があるので気をつけましょう。

体を冷やす野菜であると言いましたが、
夏でも体が冷えてしまっている方には
体を温める様なネギや生姜などと一緒に食べる事がおすすめです。

しかし、加熱調理してしまえばカリウムなど
体を冷やすとされている成分は流れ出ていくので
その心配はなく、逆に体を温める野菜と変わります

 

夏場にナスを生食するというと「漬物」が多いと思いますが、
生姜やみょうがなどと刻んで漬物にすれば良さそうですね。

紫外線をけやすい夏場の強い陽射しで傷つく肌に!
そして生食であれば自然と体を冷やす「なす」

その時々に合わせた食べ方で楽しみましょう。

 

Sponsored Links

コメントを残す