熱疲労とは?原因や症状!翌日でも体温が上昇するときの対処法は?

                         熱疲労のイラスト

近年増えている熱中症

異常気象からか気温が軒並み
体温を上回る日が当たり前に続き、

40度にもなる地域もあり、毎年事故が起きては
ニュースで注意喚起がなされています。

その熱中症の中でも熱疲労という症状があります。

そもそも熱中症とは?
熱疲労とはどんな症状??

今回は熱疲労について詳しくご紹介します。

 Sponsored Links


熱疲労とはどんな病気?その原因や症状は??

熱疲労とは、熱中症の中の1つです。

熱中症とはよく耳にする熱射病など、

炎天下の下で起こる体の適応障害によって
起きる症状の総称をいいます

 

その熱中症には種類があり、
現在では用いられなくなりましたが、
以前は4種類に分けられていました。

・熱失神
・熱痙攣
・熱疲労
・熱射病(日射病は別物)

日射病と熱射病の原因や症状の違い!

 

熱疲労の原因
高温多湿
の中で多く汗をかき

それにより体内の水分と塩分である
電解質が過剰に失われた時におこります。

症状は人により様々ですが、

めまい、立ちくらみ、倦怠感、疲労、
頭痛、眼精疲労、吐き気や嘔吐

といった症状が主に現れます。

熱中症の頭痛や吐き気、めまいなどに効く4つの処置

 

体温は平熱であったり40度近くまであがったり、
しかし皮膚は冷たく汗をかいています

血圧は下がり、逆に心拍数や呼吸は上がるのが特徴

なお、大人も子供も同じ症状です。

高齢者や小さなお子さんは
症状が急激に悪化することがあります。

 

脱水時は往々にして幻覚症状を
伴なうことが多く錯乱が見られたり

意識混濁が見られる場合は
すぐにでも救急車を呼びましょう。

 Sponsored Links

熱疲労の対処方法は?翌日になっても症状が出るときは?

翌日になっても
体温の上昇があり、頭痛やめまい、下痢

などといった症状が続く場合があります。

熱疲労を発症した直後でも同様ですが、

首筋や脇、鼠径部といった動脈が
通っているところを冷やしてみましょう

熱中症対策に効果的な冷えピタの貼る場所は?

 

自宅療養だけでは治らない事も多く、

出来るだけ病院で受診し、
治療してもらう方が本人も楽になります。

病院での治療方法は点滴治療となり、
病状の改善も早く回復傾向に向かいますので、

意識がはっきりしているからとあなどらず、
早めに治療してもらいましょう。

 

熱疲労にならないための対策や予防方法は??

熱疲労に限った話ではないですが、
熱中症を起こさない様にするには、

炎天下で長時間激しく動いたりしないことや、
こまめにミネラルを含んだ水分を摂る事です。

水を飲む習慣があるのであれば
塩分も一緒に摂る事も気をつけたい所です。

熱中症対策用のアメや、
梅干しといったものを携帯しておきましょう。

 

また、寝不足などといったことも
起こす事がありますので

睡眠はしっかり摂り、生活習慣の見直しもすること!

これも大切です。

夏場などは特に体調がすぐれない時などは
無理な外出はせず、静かに安静にし

体調が整った時にでかけるなど、その日の
体調によっても引き起こしやすいので注意してください。

 

日傘を差す事やツバのある帽子をかぶったり、
涼しい店内や木陰で涼んで休憩するなど

お出かけ中もこまめな休憩水分補給
心掛けて楽しんでください。

日傘で温度や遮光、紫外線効果が高い色や期間は?

 

Sponsored Links

コメントを残す