二百十日の意味!時期はいつ?防災の日と関係する由来は?

                         台風のイラスト

”二百十日(にひゃくとおか)
という言葉はご存知でしょうか?

あまり聞き慣れない言葉かも知れません。

古くから伝えられているもので、
まれにTVなどで耳にすることもあります。

では、どんな意味なのか?
二百十日の意味について解説していきましょう。

 Sponsored Links


二百十日とはどんな意味?その由来は?

二百十日(にひゃくとおか)は、
節分や彼岸、八十八夜や入梅、
半夏生などといった”雑節”の1つで、

古く季節の移り変わりを
なお的確に掴む為に設けられた暦日です。

 

立春(2月4日頃)から数えて210日目をいい、
現在では9月1日頃になります

稲穂の開花時期であり、
今後の稲の成長に最も大切な時期であるため、
”台風を警戒する日”という意味を持っています。

 

また、古く「八朔(はっさく)
「二百二十日」と並び
”三大厄日”とも言われていました。

厄日は別に不幸が起こるという意味合いではなく、
「荒れ日」を指していいます。

 

由来は徳川幕府の暦編纂係 ”渋川春海” が
品川の漁師に習い作成したとされています。

春海は釣り好きで
品川の沖へ舟を出そうとしていたところ、

年老いた漁師に「午後から海が荒れる」と告げられ
その通りその日の午後は大暴風雨になったそう。

その後、春海は気象の研究に励み
「貞享暦(1684年)」を編纂した際に
この「二百十日」を記載した様です。

 

ただ、気象はその時々で変わりますし、
現代では異常気象で秋以外にも台風は来るので、

「二百十日」という言葉を
耳にしなくなったのかもしれませんね。

 Sponsored Links

二百十日の時期に行われるお祭りがある!?

二百十日は台風が来る日とされ、

奈良県の大和神社では二百十日の
3日前に開催される「風鎮祭」が行われ、

富山県富山市では「おわら風の盆」といった

風を鎮める意味のお祭り
日本全国各地で行われています。

 

強風雨などが吹けば収穫が減ってしまい、
生活にも大きな打撃を受けるため、

風の神様を鎮めるお祭りを行う信仰が
現代でも受け継がれ根強く残っています。

 

文学で見る二百十日と防災の日と関連は?

文学の中にも「二百十日」
出て来るものがあります。

・夏目漱石「二百十日」※1906年

・宮沢賢治「風の又三郎」※1934年

 

どちらも二百十日9月1日の様で、

9月2日が二百十日にあたる日は、
旧暦から現在の新暦に切り替わった以降、

1902年~1951年の間にしか現れていない様です。

 

次に現れるのは2203年で、
現在は平年であれば9月1日、閏年は8月31日

つまり今年2015年の二百十日「9月1日」です。

この日は「防災の日」としても有名ですが、
二百十日と深く関連しています。

 

防災の日を制定したのは
昭和35年6月11日ですが、

関東大震災の発生した日が9月1日、
伊勢湾台風が起きたのが昭和34年9月26日と、

古くから暦で言われて来た厄日であるという事や、
9月は強風や雨、大型地震などといった
気象で大きな災害が起きていた事もあり、

9月1日を起点とし1週間を防災週間と定めたのだそうです。

 

Sponsored Links

コメントを残す