妊婦のニキビ対策!塗り薬での治療は赤ちゃんに影響は大丈夫?

                         妊婦のイラスト

妊娠は女性の体が劇的に
変化する時期でもあります。

お腹のなかで大切な赤ちゃんを
育てているわけですから仕方がありませんが、

実際に妊娠してみると
想像しているより変化を感じられます。

 

様々な体の変化のなかで
今回注目するのはニキビについてです。

妊娠してなんだかニキビが増えたな・・・
という方はいませんか?

今回は妊婦のニキビや肌荒れの原因、
治療法、薬を使用して胎児に影響はないか?
などみていきましょう。

 Sponsored Links


妊婦のニキビや肌荒れ、吹き出物ができる原因は?

妊娠中、最もお肌のトラブルが
でやすい時期は初期から中期の間です。

私もニキビが増えた一人ですが
多くの妊婦の方が経験したことでしょう。

これはホルモンバランスが変化することによって
肌荒れやニキビが増えるわけです。

眉毛にニキビができる原因は?頭痛のもとになる?

 

赤ちゃんが育つ子宮を整える役割をもっている
プロゲステロンが妊娠すると増加するのですが、

赤ちゃんの成長のためにも必要な成分ですので
必然的に不足がちになります。

プロゲステロンはお肌の環境を変化させてしまいますが、
妊娠中は我慢する必要があります。

また母親が食べたもの飲んだものの栄養は
優先的に赤ちゃんへと流れていきます。

必然的に栄養不足などに陥ってしまい
この影響がお肌へと響いてきます。

 

かといってよく言われる
「2人分しっかり食べなさい!」
鵜呑みにしてはいけません。

すぐに太ってしまい注意されますので、
バランスよく適切な量を食べるようにしましょう。

ただし肌荒れを悪化させてしまう原因になりかねない
油ものや甘いものは控えるようにしてくださいね

マスクの効果でニキビや肌荒れが治る?

 Sponsored Links

妊婦のニキビ治療法は?塗り薬を使って赤ちゃんに影響ないの?

妊娠期間は10カ月ですが、

ニキビが増えたとしても出産すると
自然になくなっていくのがほとんどだそうです

といっても顔だけでなく
体のあちこちにできる妊娠中のニキビ、
できるだけ早く治したいですよね。

 

しかし妊娠中の薬の使用は
赤ちゃんへの影響を考えて
制限されているのが現状です。

塗り薬とはいえ市販で購入する際は
必ず薬剤師に相談するようにしましょう。

 

飲み薬ではありませんが、影響が全くでないか?
と言われればそうではないそうです。

市販薬に抵抗があるならば病院を受診し
適切な薬を処方してもらいましょう。

 

あくまでもあまりにも酷い場合の対処法として
薬を使用するようにし、重症でないならば
まずはセルフケアをしてみましょう。

敏感肌用の大人スキンケア用品などを
使用してケアをしたり、

毛穴を詰まらせないメイク用品を
使用するのも一つの手段です。

妊娠中のインフルエンザ予防接種!赤ちゃんに影響は?



妊婦のニキビ跡ができないための対策は?

妊娠中のお肌に追い打ちをかけるように、
ニキビ跡が残りやすいのも事実です。

妊娠中でなくてもニキビというものは
「触る」「乾燥」大敵です。

いつもより敏感になっているお肌だけに
清潔を保たないとニキビ跡が残ってしまいます。

 

ニキビ跡はできてしまうと
自力で治すことはほぼ無理ですので、

できないように保湿ケアや
適切な洗顔などを心がける必要があります

とぎ汁を使った洗顔はニキビ対策や美肌効果アリ!?

 

妊娠中に肌荒れやニキビができるのは
仕方がないことですが、

下手に薬が使用できないだけにバランスのとれた食事や
十分な睡眠で予防することがとても大切ですね!

 

Sponsored Links

コメントを残す