人参に含まれる栄養とカロリー!ダイエット効果を上げるのは生?加熱?

                         36c10a9cf1d6000fefc6d93bfb88fde7_s

緑黄色野菜の1つである人参ですが、
好き嫌いがわかれる野菜でもあります。

ただ、知って見るとよい作用があり、
昔から「身体にいいんだから!」といわれる
その理由もうなずける野菜です。

今回は人参の栄養やカロリー
食べ方などご紹介したいと思います!

 Sponsored Links


人参の栄養成分!その効能や効果は?カロリーはどれくらい?

人参の栄養といえば
ビタミンの中でも最も高いのがβカロテン!

100g中8600μgを含み、

野菜の中ではトップのモロヘイヤの次に並ぶ含有量で、
他にミネラルとしてカリウムを300mg含みます

 

βカロテンは抗発ガン作用や免疫賦活作用などといった
作用が非常に有名ですが、

体内にてビタミンAへと変換されると髪の健康維持、
視力維持や粘膜や皮膚の健康を維持する

・・・といった作用をします。

粘膜の維持といば「風邪予防」に働き、
喉や肺といった呼吸器系を守る働きをします。

甘い人参の品種や見分け方!

 

また、カリウムも体内の余計な塩分を排出する働きで、
むくみ改善や予防として効果があります。

同じ作用をすることで有名なスイカよりも多く含みます。

他の栄養素もバランスよく含み、
健康にとってよい野菜であることがわかります。

カロリー39kcalとそれほど高くなく、
食物繊維も含むので便秘解消などにも作用します。

田七人参や高麗人参でも得られる効果は違うの?

 Sponsored Links

人参はダイエット効果もスゴイ!食べ過ぎには注意!?

「人参はダイエットにいい」
「人参は脂肪燃焼にいい」

・・・などとされ人参を使ったダイエットあります。

なんだか具体的にどういいのか分からず
どんな作用をするのか調べてみました。

 

脂肪燃焼という面は特に持っていない様ですが、
カリウムによるむくみを改善する働きと、

水溶性と不溶性の食物繊維を持ち合わせているので、
不溶性による便秘などを引き起こすことがなく、

バランスのよい食物繊維から腸内環境を整え、
ダイエット効果に繋げる事はできるかな?といった感じです。

 

ただ、注意したいのは生の人参には、

「アスコルビナーゼ」という酵素を含んでいて、
ビタミンCを破壊してしまいます

生で食べ過ぎてしまうと
せっかくのビタミンCが破壊されてしまいます。

生食で食べる場合には「酢」をかけると
アスコルビナーゼの量は減少するので、

マリネなどで食べるか加熱調理して食べる事をお勧めします。

常温や冷蔵・冷凍での人参の保存方法!



人参の効果的な食べ方は皮ごと!加熱することも大事!?

人参の持つ栄養素は皮の下にあります。

基本は皮を剥かずに調理し、
色の変わっている部分があれば
そこだけ剥いて食べる様にします。

 

人参が含んでいるβカロテンは
油に溶ける働きがあります。

そのため炒め物や何か油分を加えて食べると
βカロテンの吸収率があがります

生食でのβカロテンは吸収力が8%
油で炒めた方が80%と上がるので、

よりよく栄養を摂りたい場合には、
やはり加熱調理した方がよいでしょう。

人参の茹で方や茹で時間の目安!

 

とはいえ、ダイエットの際のカロリー調整で
食べるならば、生食で食べる方がよいです。

ドレッシングなどをかけると余計なカロリーを摂取するので

スティック状に切って付けて食べる方が、
かけて食べるよりはカロリーを抑える事が出来ます。

 

Sponsored Links

コメントを残す