お風呂の残り湯が臭い原因!洗濯物まで臭い原因や対策方法

                         残り湯で洗濯するイラスト

洗濯の洗い水に残り湯を使うこと、
水の節水にはかかせないですが、
臭いがすることはありませんか?

酷い時には浴室全体が臭うなんてことも。
洗濯ものに臭いが移ってしまったら?

今回は残り湯の臭いの原因や、
解決法などご紹介したいと思います。

 Sponsored Links


お風呂の残り湯の臭いの原因とは?

残り湯の臭いの原因、それは「雑菌」です。

お風呂の温度程度では雑菌は死滅することがなく、

菌が垢などのタンパク汚れをエサにして、
大繁殖して臭いを発します。

ただ、それだけではありません。

 

お風呂の掃除、していますか?

浴槽の表面の掃除ではありません!
「風呂釜」の掃除です。

風呂釜の掃除は何気に怠りがち、
そこに垢などが付着・積み重なると、

結果的に雑菌だらけのお風呂に入る事になり、
お風呂の残り湯が臭うという結果になります。

きちんと風呂釜の掃除を行っていれば、
酷く臭うということはないと思います。

お風呂の浴槽の掃除頻度は?

 

ただ、お風呂の残り湯を洗濯に使うことは、
水道水よりも暖かく汚れ落ちがよく、

エコの観点からもおすすめですが、
すすぎの水はもちろん水道水を使います。

洗濯ポンプの残り湯での節約や節水効果は?

 Sponsored Links

洗濯物が残り湯臭い原因は?洗剤選びも大事なの?

残り湯で洗濯をして、
洗濯ものが残り湯臭いという場合ですが、

洗濯物自体が臭っていることがあります。

特に部屋干しをしていると、
乾きが外干しと比べ時間がかかり、
湿度の高い季節などは臭う事があります。

部屋干しの臭い原因を消す方法!

 

例えば、落とし切れていない皮脂や汗など・・・

そうしたことが化学変化を起こしたり、
汚れをエサにして細菌が繁殖するからです。

お風呂の残り湯の臭いだと決めつける前に、
洗濯槽の汚れ掃除もチェックしましょう。

 

そして、菌の繁殖や落とす効果のある
抗菌や殺菌効果の配合している洗剤を使ったり、

酸素系漂白剤や柔軟剤といったものを
取入れるという方法も合わせてみましょう。

服や衣類についた油汚れの落とし方!

 

お風呂の残り湯の臭い対策には重曹がいい!

お風呂のお湯を交換するサイクルによっては、
どんなにきちんと掃除をしていても臭う事があります。

その交換サイクルも毎日という家庭もあれば、
2日に1回であるなど考え方は様々です。

お湯の入れ替えをしなければ1度につき
およそ200L以上節水になるといいます。

 

お風呂の水質を保つための
風呂水洗浄剤があります。

主成分はジクロロイソシアヌル酸塩というもので、

例えば、お風呂の雑菌の1つ大腸菌などは
70度で1分加熱しなければ死滅しないものですが、

風呂水洗浄剤はそうした菌も死滅させることができます。

 

しかし、使用すると肌や粘膜の炎症や乾燥、
髪がバサバザになったりといった害が心配です。

そこで、風呂水洗浄剤を入れて一晩置いた湯に
重曹を入れると雑菌の繁殖を抑え塩素を緩和するといいます

 

また、新しい湯を入れた時に重曹大さじ2~3杯ほど
入れると残り湯の臭いを緩和させることができ、

さらには重曹泉と似た効果をもち
保温やニキビ、あせもなどの治療に効果的です。

重曹入浴剤の効果!入れる量や作り方は?

 

Sponsored Links

コメントを残す