簡単手作り入浴剤やバスボムの作り方!保湿や色付け方法は?

                         バスソルトの画像

入浴剤を買って来るのも良いですが、
自分で手作りしてみませんか?

自分好みの入浴剤はまた違った楽しみがあり、
人気のラッシュの様なバスボムも作れます。

今回は、手作りの入浴剤についてご紹介します。

 Sponsored Links


重曹やクエン酸で入浴剤やバスボムが簡単に手作りできる!?

お掃除や食品にも使われる「重曹

この万能アイテムは
入浴剤の変わりにもなる優れものです。

「重曹泉」と呼ばれる温泉に近い効能を持ち、

実際に重曹泉は「美肌の湯」といわれており
お家でも手軽に重曹泉を楽しむ事ができます。

入浴剤の効果や効きだす時間!

 

濃度としてはほど遠いものになりますが
重曹を入れるとお湯が柔らかくなり、

皮脂を乳化させ柔らかくして取り除き
膜をはる事で温浴効果もアップします。

さらに「クエン酸」を加えることで、
あのバスボムを作る事ができてしまいます!

重曹入浴剤の効果!アトピーにも効くの?

 

バスボム作り方

☆重曹 100g
☆クエン酸 50g
☆コーンスターチ(片栗粉)50g

★水 小さじ1
★無水エタノール 小さじ1
★グリセリン 小さじ1

★の材料をスプレーボトルに入れておき、
☆は混ぜ合わせて★をスプレーしながら混ぜましょう。

 

多過ぎると失敗するので、

手でぎゅっとにぎってギリギリ固まる程度にし、
がちゃぽんのケースやシリコンカップなどに詰めて固めます。

一緒にドライハーブなどを入れて固めたらとても素敵です!

 Sponsored Links

手作り入浴剤の保湿や色づけ方法は?おもちゃを使ったアレンジも!?

先にご紹介した手作り入浴剤の保湿についてですが、
グリセリンが保湿の効果として含まれています。

水の加減を考えつつほんの少しのはちみつを入れたり、
黒糖を混ぜ込むといった方法もあります。

また、色づけについては食品用の色粉を使います。

ほんの少量で色が付き、混ぜれば絵の具の要領で
色を作れるので色々な色の入浴剤を作ってみましょう。

 

中に小さなプラスチック製の100均の指輪や、
マスコットなどをおにぎりの具を入れる要領で
中に入れ込めば楽しい入浴剤の出来上がりです。

また、手作りの入浴剤のキットも販売されていますが、
多くは家にあるものや100円均一で揃うものばかりです。

洗濯ポンプは入浴剤入りの残り湯も使えるの?

 

入浴剤の代用になる手作りバスソルトの作り方!

お塩を使った入浴はお湯をやわらかくし、
天然塩や岩塩を使う事でミネラルたっぷりで
身体をあたためる入浴剤になります。

粒の大きな岩塩を用意するか、
ミネラルを含む精製されていない天然塩を使い、

バスソルトを作る事ができます。

 

バスソルトレシピ (1回分)

天然塩(岩塩など) 50g
アロマオイル 2~4滴
ドライハーブ(あれば)適量

あとは混ぜるだけ!
不織布で出来た袋やお茶パックなどに入れて利用します。

 

ただし、敏感肌の皮膚疾患のある方は
医師に相談しましょう。

また、全自動給湯器や24時間風呂、
ホーローやステンレスの浴槽などは、

錆びる可能性や利用出来ない可能性があるので
メーカーに問い合わせるなど注意が必要です。

 

Sponsored Links

コメントを残す