おできの治療方法は種類で違う?病院は何科で治療できるの?

                         653707

お尻や背中は特におできが出来やすい部分。

そうしたできものの治療には、
何科で受診すればよいのか悩みませんか?

また、どんな薬がよいのか?
それはおできやできものによっても異なります。

今回はおできの治療における治療薬や
何科にかかったらよいのかなどご紹介したいと思います。

 Sponsored Links


おできの種類でも治療方法は違う?

おできは割と
皮脂腺が集まる様なところにできやすいです。

一般的にできものに対しておできと呼ぶ事は多いですが、
実際にその種類は色々とある様です

 

例えば背中や顔、頭などはおできが出来やすい箇所ですが、
アクネ菌とマラセチア真菌によって引き起こすニキビ

眉毛にニキビができる原因はストレス?

皮脂や老廃物が皮膚の内側に溜まり、
そこから細菌が増殖したことで
炎症・痛みを伴う粉瘤(ふんりゅう)

毛穴に角質が溜まり盛り上がった状態になる
毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)があります。

 

ニキビに対しては
マラセチアの増殖を抑えるため抗真菌薬を使用したり、

皮膚の乾燥により皮脂が過剰分泌させている原因を
抑えるのに保湿を心掛けるといったことが必要です。

粉瘤は皮膚にしこりがあり局所麻酔して切除手術を行い
しこりになっている部分を切除する治療が一般的です

粉瘤に触ると痛い!処置は手術のみ?費用は?

毛孔性苔癬はサリチル酸や
ケミカルピーリングなどの治療が主になる様です。

 Sponsored Links

おできを治すのに使える治療薬は?

おできの種類はまだまだ多くあります。

せつようといった黄色ブドウ球菌による炎症を伴い
赤く腫れて膿んでしまう症状もあります。

顔に出来ると面疔(めんちょう)といい、
治療を行わないとリンパ節炎を引き起こし、
倦怠感や発熱、寒気といった全身症状を伴います。

一般的にはせつやように対して、
おできと呼んでいる事が多い様に思います

 

こうしたおできには殺菌作用があり
抗炎症作用を持つ薬によりセルフケアを行う事もできます。

ただし部分的に使う事ができないものもあるので、
薬剤師さんに相談してから購入する方が安全と言えます。

おできを病院で治療する時は何科?婦人科でも可能なの?

おできを病院で治療する場合は
主に皮膚科が専門だと思います。

しかし、おできはデリケートゾーンに出来る事があります。

特に女性は女の先生でないと診せるのに恥ずかしさもあって
治療を受けたくても躊躇してしまう事があると思います。

 

そうした場合に、婦人科で見てもらえないか?
・・・と考えると思います。

もちろん女性のお悩みには、
婦人科で治療してもらえます

皮膚科で診察してもらうのに恥ずかしい場合は、
迷わず婦人科にかかりましょう。

薬を塗っても悪化してしまったり、
なかなか治らない場合には、
できものに対して合った薬ではない事がほとんどです

 

Sponsored Links

コメントを残す