熱はないのに悪寒がする原因や対処法は?続くときはアレルギー?

                         悪寒のイラスト

熱もなく温かい部屋にいるのに
ゾクゾクと悪寒がする・・・

そんな経験はありませんか?

 

悪寒の原因には色々な事が考えられます。
では、この寒気の原因や対処法などみていきましょう。

 Sponsored Links


熱はないのに悪寒がする原因は?吐き気もあるときの対処法は?

部屋が寒いわけでもなく
熱もないのになんだか背筋がゾクゾク

他にこれといった症状も見られない・・・

多くは風邪などの前兆が多いのですが、
頻繁に悪寒だけが走るといったことがあれば、
原因は『ストレス』であることが多い様です

 

ストレスは自律神経を狂わせる事があり、
様々な体の不調を起こします。

血液の循環が滞り手足の先まで血が通わず
手足を冷やすのが悪寒の原因です。

悪化すると頭痛やめまい、吐き気や下痢、
耳鳴りや胃腸の不調といった様々な症状が現れます。

暑いのに寒いのは病気?

 

対処法として、
まずは『リラックス』すること

熱いよりも少し温めの湯船にリラックス効果のある
入浴剤などを入れて、ゆったりと浸かってみましょう!

深呼吸したり、手先や足先を
マッサージするのも効果的です。

足浴や半身浴でも同様の効果が得られます。

そしてたっぷりの睡眠を取るようにしましょう!

 Sponsored Links

悪寒が続く原因はインフルエンザかも!?

気温が下がり空気が乾燥してくる秋頃から、
ゾクゾクと悪寒を感じる事があります。

一瞬なら気温差によって起こる
身震いなので心配ありませんが、

悪寒が続く場合には

インフルエンザや数日後に発熱をともなう
風邪の症状が出てくることがあります

 

インフルエンザともなると病状は短期間で進み、
1~3日間の潜伏期間後に発症し、
悪寒と共に喉の痛みや節々の痛みを伴います。

38~40度の高熱が3~7日続き、

重度の倦怠感、筋肉痛、関節痛、下痢、腹痛
などを伴うことがあります。

 

インフルエンザは感染力が強いため、
医師の許可が出るまで
学校や会社を休まなければなりません。

初期症状では風邪と
見分けがつかないこともあるので、

周辺の方に感染する前に
早急に病院で検査を受けてください。

インフルエンザの熱や寒気から守る食事は?

 

また、右上上腹部に痛みを伴う場合には、

胆石症慢性胆嚢炎といった
病気が隠れていることも有ります。

 

悪寒が続く原因には他にもアレルギーの可能性も!?

悪寒が続き、なんとなく頭がぼーっとして、
鼻や喉の不調が続く・・・でも熱はない

といった場合には花粉症が疑われる事も。

くしゃみや微熱が出る事もあり、
また、風邪に似ていて
見分けがつきにくい症状ですね。

 

風邪と見分ける方法は
花粉症の鼻水はサラサラとしていますが、
風邪の場合は粘り気のある鼻水である事。

目のかゆみや皮膚に蕁麻疹や発疹がある、
といったことがある様なら花粉症による悪寒です。

花粉症の予防接種時期はいつ?副作用は?

 

風邪薬を飲んでも悪寒が治まらない!

何からくる悪寒かわからない場合は
早急に医師に診断してもらいましょう。

 

Sponsored Links

コメントを残す