オクラの保存方法や期間!冷蔵・冷凍前の下処理は必要!?

                         61709683e190a53511bf256dc91e01cf_s

オクラを買って冷蔵庫に入れていたら
どす黒くなってしまった経験はありませんか?

さらにクタクタになってしまい、
鮮度を落としてしまいます。

家庭菜園などで沢山採れた場合には、
やはり長持ちさせたいところです。

今回は、オクラの保存方法について
ご紹介したいと思います。

 Sponsored Links


冷蔵庫でのオクラの保存方法は?

オクラの保存温度って考えた事はありますか?

オクラの保存に適した温度があり、
10度前後だと言われています。

夏野菜なので冷蔵庫に入れっぱなしもよくないですが、

暑い日などは冷蔵庫に保存をし、
それ以外であれば冷暗所でほどよいです。

 

オクラはそもそも日持ちがしない野菜で、
冷暗所での保存方法は新聞紙や
キッチンペーパーを使い包んでから保存。

冷蔵庫に入れる際にも包んでビニールに入れて
可能であればヘタを上にして立てて野菜室での保存

水洗いしてから保存してしまうと
水分で黒く変色してしまうので注意!

保存をする時は水洗いをせずに保存してください。

 

他にもコップなどにヘタが浸る程度に水を入れて
オクラのヘタを下にして立てて涼しい場所で保存

もしくは野菜室で保存をすることで長持ちさせる事も可能です。
この場合は水は毎日交換してください

オクラのカロリーや栄養!選び方の4つのポイント!

 Sponsored Links

オクラを冷凍保存するときは下処理が必要!?ゆで時間は?

オクラは冷凍保存が可能な野菜で、
この場合には下処理を行った上で冷凍します。

オクラを水で洗った上で塩で揉んで
表面の産毛を取ってから水気をよく拭き取って
フリーザーバッグに入れて空気を抜き冷凍します。

 

よく軽く加熱してから冷凍するといいますが、
加熱すると、とても水っぽくなります

オクラは生食できるので
産毛の処理を行えば加熱は必要ありません

万が一、気になる様であればおよそ10秒程度

さっとくぐらす程度に茹でて
しっかり水気を切ったら冷凍する様にしてください。

なお、冷凍したオクラの賞味期限
1ヶ月を目処にして消費しましょう。

 

刻んだりしたオクラもフリーザーバッグに入れて
広げ冷凍する事も可能ですが、

食べる時はレンジなどでの
解凍はせずに自然解凍しましょう

茹でたり加熱する際には
解凍せずにそのまま凍った状態で加熱してください。

変色したオクラは食べれる?

 

Sponsored Links

コメントを残す