オクラの種や苗からの育て方!プランターでも簡単にできる!?

                         1438a020c5e18c19abb038ce03a1b7b5_s

食べれば体によいオクラ
家庭菜園でも人気の野菜です。

刻んでそのままや納豆に混ぜたり、
天ぷらにしてもおいしいですよね!

そうした料理に自分で育てたオクラを使う、
これもまた家庭菜園の醍醐味です。

今日はオクラの育て方について!
初めて育てる場合のコツを中心にご紹介します!

 Sponsored Links


オクラの種まき時期や発芽日数は?肥料はどれでもいいの?

オクラはから育てる事もできます。

しかも、害虫や病気にも強いので、
初心者にも育てやすい野菜です

育てる株数に合わせて種まきをする必要があり、
どちらかといえば畑に沢山植えて育てたい!
という家庭菜園スペースのある方向きといいます。

 

初めは直播きよりもまずはポットで苗を育て、
種の数は1ポット=1粒

稀に発芽しない種もあるので、
予備を少し多めに育てていきます。

その後、育ちのよい苗のみ、
双葉まで育ったら植え付けて行きましょう。

 

また、オクラの種は固いため、
種まき前日より常温もしくはぬるま湯に浸しておくと
発芽率をアップさせる事ができます

発芽日数は一般的に4~5日程度。

種まきの季節は地域によっても違いがありますが、
日中、25度以上から種まきを行います。

 

肥料は地植えでもプランターでも同様です。

植え付け時に野菜用の緩効性化成肥料を土に混ぜ、
草丈が15cm程度になったところで株元に少々蒔く程度。

次は実が付き始めた頃から2~3週間に1度
土の表面に撒くと収穫量を増やすことが出来るといいます。

オクラのゆで方や食べ方!産毛の下処理は?

 Sponsored Links

初心者でも簡単!プランターを使ったオクラの苗から育て方

初心者の方がオクラを育てる場合は
まずは育て方を覚えるためにプランターで育てます。

ただ、オクラは真っすぐに育ち1m以上は育つため
支柱を立てることが必要です。

深さ30cm以上で幅は50~80cm程度のプランターと、
150~180cmほどの支柱を株元に立てます

苗が20~30cmくらい育った時に立てて上げましょう。

 

また、オクラは過湿が苦手なので、
あまり水を与えすぎると立ち枯れ病を引き起こします。

プランターの場合は水はけをよくするために
底部分には大きめの小石を敷き詰めましょう。

水やりは土がしっかりと乾燥した状態でたっぷり与える程度

ちなみに地植えは
基本、水やり不要で日照りが続く場合にだけ与えます。

オクラは連作できる?種取りの方法は?

オクラは連作障害を起こすため、
同じプランターや場所で翌年育てるのはNG!

他にも同じアオイ科の野菜や花(オカノリやマローなど)を
育てた場合にも同じ事が起こるので注意です。

オクラの保存方法や期間!

 

また、育てたオクラから種を取りたい場合は、
実が茶色くカラカラになるまで放置

若いうちに取ったものを乾燥させても
発芽しないことが多い様です。

枯れた状態まで放置することが種取りのポイントです

実を振ると中で種が音を立てるので
そうした状態になってから取りましょう。

 

Sponsored Links

コメントを残す