オリーブの育て方!室内向きの品種や葉が落ちる・黄色くなる原因は?

                         3c7aa6fea10a7c8a0b55a5fc272ddd83_s

オリーブは寒冷地以外の地域であれば
簡単に育てられる植物。

鈴なりに実を付ける姿は
可愛らしい印象もあります。

室内なら寒冷地でも育てられる?
今回はオリーブの育て方についてご紹介します。

 Sponsored Links


オリーブの種類はどのくらいあるの?実を付ける品種は?

ひとくちにオリーブといっても
実はいくつか種類があります。

オイル向きの実を付けるものや加工用品種など
分かれていたりするものなのです

 

中でもポピュラーな品種

・ルッカ(オイル用)
・ネバディロブランコ(オイル用)
・マンザニロ(食加工用)
・ミッション(オイル・食加工用)

中でもミッションは真っすぐと立てに育ち、
銀白色の葉がキレイということでも人気です。

 

オリーブは同品種のみで出来ないので、
実を付けさせる場合は別な品種も合わせて育てる事が必要です

・マンザニロ×ルッカ
・ルッカ×ネバディロブランコ
・ネバディロブランコ×ミッション

これらの組み合わせは相性がいいとされています。

ちなみに収穫した実の使い方ですが、
そのまま食べるには非常に渋が強いのであく抜きが必要

収穫時期は塩漬けならば青いうちか赤く色づき始めた程度までに
収穫するのがベストで塩漬けにしやすいといいます。

 

なお、あく抜きには苛性ソーダを使うとありますが、
劇薬で手に入らないので重曹を使う方が早いです。

実の量にもよりますがコーヒー瓶(150g)に入る程度なら、
重曹大さじ1を加えて1ヶ月置いた後に
塩漬けやオイル漬けなどにするとよいでしょう

 Sponsored Links

オリーブを室内で鉢植えで育てる場合のポイント

オリーブは原産が地中海や中近東など
ほどよく温かい地域の植物です。

寒冷地での地植えは厳しい環境になってしまいます。

気温マイナス2~3度程度であれば
寒さに耐えられない事はない様です。

寒冷地ではオリーブを室内で育てるなら
まだ可能なのではないか?と言った所です。

 

住宅事情によって冬場の室温が、
オリーブが耐えられる寒さを下回る場合は
難しいかもしれませんが保っているなら育てられます。

室内で育てる場合は日当りのよい窓辺当たりが最適

土は乾燥傾向で育てるため
受け皿に水が溜まらない様に気をつける事がポイント

根を深く張って育つので2年に1度は
鉢の大きさを変えて植え替えを行いましょう。

オリーブの葉が落ちる!黄色くなる原因は?

オリーブを育てていて起こるトラブルに多いのは、

・葉が落ちてしまう
・葉が黄色く変色する

この2つが多い様です。

オリーブは乾燥傾向で育てる反面、
適度な水分が必要な植物です

水があまりに不足すれば枯れて黄色くなって落ちてしまいます。

 

他に鉢で育てる場合に起こりえる事といえば、
植え替えせず根が詰まってしまっていたり、
通気が不足していることで起こりえる事があります

根詰まりには植え替えが必要です。

タイミングは12月頃に実施、
また、夏は屋外で育てる事がベストです。

剪定は邪魔な枝を切る程度!

肥料は地植えの場合には年に1度、
鉢植えは3~6月頃に与えるとよいそうです。

 

Sponsored Links

コメントを残す