落ち葉は肥料になる?肥料に向いてる植物と堆肥の作り方は?

                         2d0f881f6662b3b1ea9a057be83565ab_s

お庭に草木があるお家では、
秋にもなると落ち葉の掃除が日課になる!

・・・なんてことも少なくないと思います。

雑草や落ち葉といった捨ててしまうものですが
堆肥して肥料にすると便利です。

ただ、どうやったら堆肥になるの?
その作り方は?といった疑問!

今回は落ち葉を肥料にする方法について紹介します。

 Sponsored Links


落ち葉で肥料や堆肥になるって本当?

お庭の草木のお手入れが趣味!

落ち葉などで堆肥を作ることは可能で、
わざわざ堆肥を買うこともなく、エコにも繋がります。

古くから行なわれていた事でもあり、
お財布にも優しいというメリットもあります。

 

堆肥腐葉土とありますが、
いずれも落ち葉や雑草などを発酵させたもの

植物由来のもので栄養分の高いものを堆肥
それよりも低いものには腐葉土と区別しています。

栄養価を高くする場合には、
生ゴミなど野菜くずなどを使用し、

発酵促進のため乾燥鶏糞や米ぬかなど
使っている方が多い様です。

落ち葉の掃除と処理方法!

 Sponsored Links

肥料に向いてる落ち葉の種類もある!?

ただ、落ち葉などを土に混ぜても肥料にはなりません。

落ち葉で肥料にするには
発酵という微生物の働きが必要!

植物の成長を促す栄養豊富な肥料には、
動物性の糞(鶏糞や牛糞など)を加え、
発酵させることが必要です

 

園芸に使える腐葉土であれば、
糞などを使用する必要はありません。

落ち葉と米ぬか、黒土を順次重ねて踏み固めて、
葉がくずて茶色く変色し、
土に混ぜ込みやすい状態になっていれば完成です

ワンランクアップさせた栄養豊富な土にするには、
やはり動物性のものを加えておく必要が出て来ます。

 

また、堆肥や腐葉土に向いている植物もあり、

クヌギ、ナラ、ケヤキ、ポプラ、もみじ、カエデ、
レンギョウ、ムクデ、紫陽花、ユリノキ、ムクノキ、
プラタナス、オオムラサキ、マツ、ヒノキ、スギ、
サクラ、柿の木、イチョウ

といったものは堆肥に向いていないです。

雑草については特に気にせず使える様です。

落ち葉を使った堆肥の作り方は?

落ち葉で堆肥を作る場合に準備するものがあります。

堆肥を作る時期
ちょうど秋真っ盛りの11月~12月

地面に穴を開けて作るか、
堆肥ポットや堆肥枠などで作ります。

発酵が進むと中が60~80度になるので、
容器は専用の物を用意した方がよいでしょう。

 

堆肥にする落ち葉や野菜クズ、雑草や稲などと一緒に
乾燥鶏糞か牛糞と米ぬかや油かすを入れ、
発酵剤を用意して容器の底に入れて置きます

容器の中で4~5層程度で積み重ねていくのですが、
入れた時に水をかけながら踏み固めるのがポイント!

満タンになったら蓋をします。

蓋のない物で作る場合には、
板などで蓋をし上からビニールをかけて
重石をして1週間ほど放置しておきます。

 

1週間したら大分発酵も進んでいると思うので、
底からかき混ぜて発酵剤を追加。

乾いている様であれば水分を加えて再び放置します。

その後は2週間ほど同じ事を繰り返し、
堆肥なら2~3ヶ月、肥料なら半年ほどで完成します。

前年から作って置けば翌年の
温かい季節には使える様になりますね。

 

Sponsored Links

コメントを残す