パンジーの育て方!プランターからの始め方や切り戻し摘芯の手順は?

                         a0007_001210

たくさんの花の色があり、
育てやすいパンジー

ガーデニングなどでも人気のある花ですよね!

始めて育てる方へ!
パンジーの育て方について詳しく解説!

参考にしていただければ幸いです。

 Sponsored Links


プランターでのパンジーの育て方は?

お店の店先やお庭はないけど
小スペースで育てたい!

用途は様々ですが、プランターで
育てている方も多く見かけますね!

まず初心者の方はを購入しましょう!

 

寒さに強く暑さに弱い性質で、

苗は涼しくなった10月頃から出回り、
植え付けを始めます。

暑い時期などでも見かけますが、
弱っている可能性などもあるので、

断然、涼しい時期の頃の物の方がおすすめです

 

株間は15~20センチ
30センチ程度の丸い鉢なら3~4株

なんだかスカスカ?
・・・なんて思いますが、

植えた時期から冬の間だけですので
心配せずに間をとってあげましょう。

 

植えた後にはたっぷりと水を与えて、
根を土に馴染ませましょう

生育不良を起こさない様に新しい土を使い
花や野菜の用の土を使いましょう。

パンジーの花言葉は色の種類で違う!?

 Sponsored Links

パンジーの切り戻し摘芯の手順は?

花が咲く生育時期にはお手入れに、
切り戻し摘芯を行います。

たくさん花をつけさせる為に、
新芽を育てる為に必要な作業です。

ずっと咲かせ続けると株元がスカスカ。
そのままにすると茎が伸びて花が倒れます

 

脇芽が出ている事が確認出来たら、

株元から2~3枚程残して
花が咲いている間に大胆に切り落とします。

満開時を1週間ほど楽しんだ後、

切り戻し摘芯と固形肥料で追肥を行うと、
2~3週間後には蕾を付け、満開の花を咲かせます

これのくり返しで7月初旬頃まで元気のよい姿を楽しめます。

種からのパンジーの育て方は?収穫時期はいつごろ?

花が枯れた後にそのままにしておくと
パンジーはを作ります。

種から育てる方法もあり、
実生から育てるのも楽しそうですね!

 

ただ、親と同じ花が咲くという保証はなく
パンジーは固定種であれば親と同じ性質ですが、

そうではないF1種という雑種第一代の物が多く、
花がたくさん付いたり生育旺盛であるという性質も。

ただ、楽しむという意味では面白いと思います。

 

パンジーのは花が終わり
散ってから膨らみ始め、種が熟し始めると

それまでは下を向いていたものが、上に向き始めます

この時期を見計らって種を収穫します。

そのまま放っておくと弾けてしまい、
種を摂りにくくしてしまいます。

 

完熟の種を取りたい場合には、上向きになった時点で

薄めの紙(不織布やティッシュなど)で
種部分を覆い弾けるのを待ちましょう

また、種は8月下旬~9月上旬に蒔き、
日当りの良い場所で育てましょう。

 

パンジーは花が終わったら終わり!
と思われている事が多い様ですが、

きちんと手入れを行えば、時期が来れば
また楽しめるので、1度植えたらぜひ大切に育ててください。

 

Sponsored Links

コメントを残す