ポーチドエッグの作り方のコツ!レンジで更に簡単!合うソースは?

                         80b830825a867b1ec65e8b9c457cf291_s

朝食に欠かせない卵料理の中でも
人気の高いポーチドエッグ

作るのが難しそう・・・・と
思われるかもしれませんが、

ちょっとしたコツでお店の様な
ポーチドエッグを簡単に作ることができます。

さらにお手軽にレンジで作っていただける調理法、
ポーチドエッグの美味しい活用術など!

ポーチドエッグの作り方をご紹介させていただきます。

 Sponsored Links


ポーチドエッグの基本的な作り方のコツ

最初に基本的な作り方をご紹介します。

まずお湯を沸かします。
この時のお湯の高さは4~5㎝にしておきます。

お湯が多すぎると
卵白が広がりやすいので注意してください。

その後、お湯の量の3%くらいの白ワインビネガー
またはお酢を入れてください。

湧いたお湯にお酢をたらすと卵白が固まりやすくなります。

 

次に穴あきのお玉と水を張ったボールを用意。
ここで冷蔵庫から卵を出します

卵は新鮮なことはもちろん、
冷蔵庫から出したての方がうまく固まります。

お湯は軽く沸騰しているくらいの火加減がベスト

湧いているお湯を丸くかき混ぜて
渦を作ってから、そっと卵を落としいれます。

卵白が広がりそうになったら、菜箸やフォークなどで
優しく卵黄へ絡ませてください。

お好みの固さになったら穴あきのお玉で優しくすくい、
水を張ったボールで軽くお酢をすすぎます

冷たいお料理に使用する場合は
氷水ですすぎます。

温泉卵と半熟卵の違いは?

 Sponsored Links

電子レンジを使った簡単なポーチドエッグの作り方

ポーチドエッグは電子レンジを使うと
さらに簡単に作ることができます。

まず、卵を小さい器やマグカップに
割り入れて静かに水を注ぎます。

この時に卵がしっかりと
水に浸かる様にするのがポイントです

 

ふんわりとラップをかぶせ電子レンジにかけます。

時間は500Wで1分程度、
600Wで50秒程度が目安になりますが、
最初は様子をみながら調整してください。

ポーチドエッグに合うソースや食べ方

ポーチドエッグに合うソースといえば、
やはりオランデーズソースです。

ニューヨークで人気に火がついたエッグベネディクトは
焼いたイングリッシュマフィンの上に
ベーコン、スモークサーモンなど。

その上にポーチドエッグを重ねて、
最後にこのオランデーズソースをかけて作ります。

またアスパラガスに同じくポーチドエッグと
オランデーズソースをかけると
簡単におしゃれな前菜ができます。

 

オランデーズソースは泡立てた卵黄に溶かし
バターを加え、レモン汁、塩、こしょうなどで味付けをします。

作り方はマヨネーズと似ていますが、
違いはバターではなくサラダオイルを使うところ

ポーチドエッグは他にもドライカレーやサラダ、
ほうれん草のソテー、ミネストローネスープなどに
添えていただいてもよく合いますよ。

 

ポーチドエッグは作るのが
難しいイメージがあるかもしれませんが、
コツさえ掴めばとても簡単に作ることができます。

ポーチドエッグを1つ乗せただけで、
お料理の見栄えもアップします。

ぜひ作り方をマスターされてくださいね。

ちなみに手間はかかりますが、電子レンジではなく
基本の作り方の方が味は美味しくできますよ

 

Sponsored Links

コメントを残す