子供に多いプール熱の症状は?咳や下痢、鼻水の他にもある!?

                         009646

梅雨が終わると、子どもたちが
楽しみにしている季節がやってきます。

そうプールです。

ですが、プールが始まると
流行する夏風邪があります。

これがいわゆるプール熱!!

今回はこのプール熱の症状について
お伝えしていきます。

 Sponsored Links


プール熱の原因と症状は?

プール熱!!
正式には、咽頭結膜熱と言います。

主に、乳幼児から小学生までの
子供に流行ります。

特に5歳以下の幼児が感染することが多いようです。

 

原因は、アデノウイルスです。

プール熱の症状は

  • 4~5日程、高熱が続く。
  • のどの痛みや腫れ
  • 結膜炎からくる目の充血、目やに
  • 倦怠感、食欲不振

などの症状が出ます。

このウイルスには特効薬がありません

普通の風邪と同じように、症状に対して
対処していくしかありません。

 

また、免疫抗体もないので、
一度感染して治癒しても、
再びかかる可能性もあります

高熱が出るので、脱水症状には注意が必要です。

 

スポーツドリンクや麦茶など
こまめに摂取しましょう。

喉が痛いと食事も苦になるので、
喉越しの良いおかゆやゼリーなどで
栄養を取るようにします。

プール熱の感染経路は?

プール熱の感染経路は

  • プール(水)を通した直接感染
  • くしゃみなどを通してうつる飛沫感染
  • 同じタオルを使用することによる接触感染

 

などがあります。

 

友人や家族と同じタオルを使用することを
避けたり、目を清潔に保ったりすることが
対策として挙げられます。

 

プールの後に目を洗うのは、
ここに理由があったのです。

面倒くさがらずに、きちんと洗うことが大切です。

 Sponsored Links

プール熱は赤ちゃんにも症状が出る?移ったとき学校は??

プールで感染するということで、
赤ちゃんは感染する可能性が
少ないと考えられがちです。

 

しかし、プール熱は感染力が強いので、
兄弟や家族に感染者がいれば
すぐに移ってしまいます。

 

赤ちゃんの場合は、
お腹を下してしまうこともあります。

こちらも脱水症状に気をつけなければなりません。

 

また、プール熱は文部科学省が指定する

「学校において予防すべき伝染病(学校伝染病第二種)」

に指定されています。

 

インフルエンザなどと同じように、
学校は出席停止になります。

 

プール熱の症状が治まってからも、
2日は登校出来ません。

症状が治っても、2週間は排泄物に
ウイルスが残っています

 

手洗いうがいは、しっかりとしないといけません。

感染した後1ヶ月はプールに入ることは
避けた方が良いでしょう。

プール熱は大人にも移る??

子どもがかかる病気なので、
大人には感染しない訳ではなく、
家族から移ることは大いに考えられます。

 

ただ、大人の場合は、子供と症状が同じでも
軽く済み、回復も早いことが多いようです。

 

このように、プール熱はとても身近な感染症です。

 

潜伏期間から完治まで時間もかかるものですが、
予防をしっかりすれば防げるものです。

プール後の子どもたちのケアには、
十分気を配りましょう!!

Sponsored Links

コメントを残す