ラナンキュラスの鉢植え・地植えの育て方!球根から育てるコツは?

                         ラナンチュラスの画像

八重の花びらがとってもステキな
ラナンキュラス

お庭の花にすると華やかになります。

地植え・鉢植えどちらでも育てることができ、
お花を育てている方に人気です。

 

鉢植えをもらったけど、どう育てていいのかわからない!
そうした方へ、ラナンキュラスの育て方をご紹介します。

 Sponsored Links


ラナンキュラスの育て方!初心者は室内で鉢植え・プランターがおすすめ

ラナンキュラスを初めて育てる場合には、
まずは鉢植えで楽しみましょう。

地植えにするスペースが無い方も、
鉢やプランターで楽しむ事ができます。

ポイントを抑えればそれほど育てるのに、
難しい花ではないので、ぜひ育ててください。

 

鉢植えは、日当りのよい場所で育て、

凍結・霜・寒風や乾燥に注意すれば冬を越す事ができますが、
北海道などの寒冷地は窓際で育てます。

また、15度以上の場所だと間延びしてしまうので、
ほどほどに寒さを与える事も必要です。

 

水やりは土の表面が乾いてから
受け皿に水が溜まるくらいたっぷりと与えます。

不足すると葉が萎れてしまい、
あげすぎると球根が腐ってしまいますので要注意!

肥料は芽が出て来て~花の咲き終わりまで、
10日~2週間に1度液体肥料を薄めた物を与えます。

ラナンキュラスの色別の花言葉

 Sponsored Links

ラナンキュラスの球根の植え方!地植えの育て方は?

ラナンキュラスは種まき球根で育てる事ができますが、
多くは球根で育てる方が失敗がないでしょう。

植え付ける場所は

高温多湿にならない場所に株間15~20cmあけ、
植え付け時期9月~11月に行います。

 

球根は水で戻す事が重要で、
これを行わないと急激に水を吸い球根が腐ります。

カラカラに乾いた球根をゆっくりと吸水させるため、

湿らせたバーミキュライトや
キッチンペーパー、ティッシュなどで包み、

ラップもしくはビニール袋にいれて3日程置きます。

 

地植えにする場合は

ある程度根と芽が育つまで
鉢で育ててから植え替える様にします。

酸性の土が苦手な花なので、

苦土石灰を土に混ぜ、2~3cm程掘った穴に
植え土を被せて日当りの良い場所に置きます。

水やりや肥料の与え方は、先に紹介した鉢植えと同じです。

 

 

ラナンキュラスの花が終わったあとの管理は?

また、花が終わって葉などが枯れた後、
球根を掘り上げます。

掘り上げた後はカラカラに乾燥させてから

紙袋などに入れて涼しい場所に保管し、
また秋の植え付けまで待ちましょう。

 

次回、ラナンキュラスを増やしたい場合には、

球根の付け根にある白い毛の部分から根を伸ばすので、
白い毛の部分から分ける様にします。

この毛が無い所からは根は生えないので
そうした部分は処分します。

 

鉢植えの場合は特に掘り上げる必要はなく、
そのまま植えっぱなしでも大丈夫です。

しかし、梅雨の雨や霜などの対策を行うこと!

鉢植えの土表面に不織布や腐葉土をかぶせて
雨にあたらないところに保管します。

地植えは梅雨の長雨で球根が耐えられず
凌げないので必ず掘り上げましょう。

 

Sponsored Links

コメントを残す