れんこんの下処理や下ゆでは必要?仕方や時間、酢がない時は?

                         cffce57064033ef99e8e97350f2b38c2_s

れんこんを使った料理をする時は
きちんと下処理をしなければなりません。

お料理初心者さんにぜひ覚えて欲しい
料理の下ごしらえ

今回はれんこんの下処理方法について
ご紹介したいと思います!

 Sponsored Links


れんこんの下処理の仕方!時間は?皮はむくべき?

れんこんの皮をむく家庭と
そうではない家庭があります。

傷や痛みがないれんこんは特に皮をむく必要はなく、
気になるのであればむいても構いません

我が家ではアルミホイルを軽くクシャクシャにしたもので
表面をこする程度で留めています。

ピーラーなどを使えば
は非常にむきやすくなります。

れんこんの皮のむき方!

 

また、れんこんは中身が空気に触れると
酸化し黒ずんで来てしまいます

そのため、下処理として酢水に浸し、
黒ずみを防いでから調理を行います。

万が一、酢がない場合には、
水気を切ってそのまま調理しましょう。

特に酢を入れる必要がなく調理前に
空気に触れさせない事が大事です

 

おせちに入れる酢蓮などでは
お酢を入れて白さを引き立たせますが、
煮物やきんぴらであれば水に浸すだけで十分です。

水もしくは酢水に漬ける時間の目安は10分

あまり長く浸してしまうとれんこんの
栄養が流れ出てしまうので注意しましょう

 Sponsored Links

れんこんの下ゆでは必要?ゆで時間は??

れんこんのゆで方は調理方法などにもよりますが、
薄く切って使う場合は下茹では必要ありません

れんこんを下ゆでする場合は、
れんこんが被る程度の水を沸騰させて、
お酢を少々(水がカップ3程度なら大さじ2位)入れます。

時間3分程度!
あまり長く茹でる必要はありません。

 

れんこんの下茹では必ず必要といった訳ではなく、
さらに完全に茹でてもいいものではありません

れんこんは食感風味が大切なので
気になる場合に行う程度で十分です。

我が家では酢蓮(花蓮根)を作る時や
薄くスライスしてサラダに使う時に軽く茹でる程度です。

れんこんの栄養に隠された効果や効能!

れんこんの保存前に下処理した方がいいの?

れんこんを買って来て、
そのまま冷蔵庫に入れていませんか?

せっかく鮮度がよいものを購入しても、
そのまま入れてしまえば鮮度が落ちるのが早い物です

れんこんは育った場所が水分の多い
沼地ということもあり乾燥が苦手な野菜です。

 

冷蔵庫の中は思った以上に乾燥するので、
新聞紙やキッチンペーパーを滴らない程度に水で濡らしたもので
れんこんを包み保存袋やポリ袋に入れて野菜室へ保存します。

この方法でも保存期間1週間程度で、
それ以上保存するのであれば冷凍が可能です。

生の状態に比べれば食感がやや落ちますが、
鮮度を急速に落とす事は少なくなります。

 

皮をむいてから少し酢を入れた酢水に10分ほど漬け、
水気をよく切ってからフリーザーバッグなどに入れ冷凍。

そうすれば期間が1ヶ月ほど伸ばせます。

れんこんを水で保存したり冷凍保存の注意点は?

 

Sponsored Links

コメントを残す