立秋の候とはどんな意味?時期はいつからいつまで?

                         068542

立秋の候となりました、
皆様どうお過ごしでしょうか?

なんて、お手紙などで使われたりしてますが、
実際はどんな意味なの?

時期はいつ??

ビジネスなどでも使う立秋の候

間違った使い方をしてしまうと、とても恥ずかしいもの!
今回はこの「立秋の候」をマスターしてしまいましょう。

 Sponsored Links


立秋の候とは、どんな意味?

立秋とは、「りっしゅう」と読み、
8月頃を指す言葉です。

は、立秋の候の場合は「こう」と読みます。

その昔は候を「そうろう」と読んでいたそうです。

 

よく時代劇なんかで
「○○でござそうろう」と言う言葉を聞きませんか?

この、そうろうが候の事なのです

現代の言葉に直すと、
ございますという意味になります。

 

つまり立秋の候とは
「8月でございます」という意味を
上品に書いた言葉
といえるでしょう。

立秋の候を使う時期はいつからいつまで?

そもそも秋という言葉が入っているのに、
8月に使用するというのも不思議に思いますよね。

ですが、これには
二十四節記という物が関わっており、
昔から定められた名称なのです。

 

そもそも現在の秋という区分ですが、
日本では気象庁が

 春は3~5月

 夏は6~8月

 秋は9~11月

 冬は12~2月

と定めていることが背景にあると思われます。

 

ですが、実際の気候なんかを
考えてみると夏ってもっと後ですし、

さらに言えば最近は11月くらいまで
夏が続いているのでは??

・・・・と思うようなことまでありますよね。

 

二十四節記は太陰暦では季節にズレが
生じてしまうという事で作られた区分の一つです。

太陽の高度を基準に作られたものですから、
気温などを反映した名称ではありません

 

しかも、年によって二十四季節は変わるため、
去年が8月8日から立秋の候だったし、今年も・・・

という事にはならないので、そこは注意が必要ですね。

2014年の立秋は8月7日となっています。

 

立秋の次である処暑23日からとなっているので、

2014年に立秋の候を使えるのは
8月7日~8月22日まで!という事がわかりますね。

 Sponsored Links

立秋の候を使った時候の挨拶や季節の挨拶

立秋の候」を用いて文章を作ってみませんか?

皆様の一助となるべく、使いやすい例文をご用意してみました。

 

「立秋の候とは名ばかりで暑い日が続きます」

「立秋の候となり、ますます食事がおいしい季節となりました」

「立秋の候、いかがおすごしですか?」

「暑さに参ってしまう日が続きますが、もう立秋の候にさしかかりました」

 

いかがでしょうか?
難しいと思われがちな時候の挨拶ですが、
実はそんなに頭を悩ませる用なものではありません。

季節にあった言葉を挨拶に用いるだけ
簡単なことなのです。


 

取引先の相手に業務内容だけで
淡々と送るだけでは素っ気ない印象を与えてしまいます。

そんな時に時候の挨拶を添えれば、
どことなく相手に、よりそった感じがするものです。

 

時候の挨拶が使える大人は
かっこいい印象がありますよね。

これを機に、まずは「立秋の候」を使って手紙を書いてみませんか?

Sponsored Links

コメントを残す