肋骨を押したり触ると痛い原因は?咳で痛い時は骨折の可能性も?

                         117830

肋骨が痛い場合・・・

ぶつけたり転んだりといった外的要因以外に、
どんな事が考えられるのでしょうか?

折れてる?それ以外では??

今回は肋骨が痛い場合に上げられる事を
ご紹介して行きたいと思います!

 Sponsored Links


肋骨を押すと痛い!触ると痛いのは肋間神経痛?

肋骨の下には様々な臓器が納められている事もあり、
肋骨の痛みは臓器から起こっている事もあります

ただ、肋骨を押したり触ると痛い場合には、
肋間神経痛というものが当てはまる事があります。

体の前(真ん中)から背中へと肋骨がありますが、
骨に沿って激痛が走る場合が多く、
その痛みは数分のうちに治まります

他にも呼吸の度に痛んだり、
体をねじったり場合にも痛みが走ります。

 

息苦しさや胸に何か詰まった感じもあり、
激痛が治まった後にも押すと痛みがあるといいます。

それは右だけや左だけなど、人によっても異なり、
原因は内臓や外的要因のものと原因不明のものがあります

原因不明のものは原発性肋間神経痛と言います。

主に筋肉疲労や不自然な体勢を
続けた事によるなどが考えられている様です。

どちらか判断付かない場合事もあるので、
医師の診断と必要な治療を行いましょう。

 Sponsored Links

咳をすると肋骨が痛い時は骨折かも!?

風邪や気管支炎で出るくしゃみで、
肋骨が骨折していたりヒビが入ったりすることがあります。

実際に私の友人も風邪で酷い咳が続き、
ヒビが入った事があります。

咳やくしゃみをした時に、肋骨と横隔膜に続く
筋肉が肋骨をひっぱることで、骨への影響が出ます

そのほとんどは小さなヒビで済む事が多いそうです。

 

しかし、長期に渡って咳が続くと
いわゆる疲労骨折の様な状況を作ります。

また、くしゃみだけで骨折してしまう場合には、
骨が脆く骨粗鬆症の状態の可能性もあります

安静とコルセットでの固定により、
骨が形成されるのを待つ感じですが、
原因である咳やくしゃみを治す事が再優勢になります。

肋骨の真ん中が痛い時の原因は?

肋骨を支える体の前面を縦に走る胸骨

ここの部分に痛みがある場合にも
骨以外の原因があげられています

胸膜に炎症を起こしている胸膜炎は、
水が溜まるので痛みとともに息苦しさも起こします

 

他にも細菌が原因で引き起こす膿胸は、

胸の痛み以外に発熱や呼吸困難、
強い胸の痛みと意識障害、
ショック状態を引き起こす解離性大動脈瘤

さらに肺の病気や胃腸などでも痛みを起こします。

時には肋間神経痛でも
真ん中あたりが痛む事がありますが、

骨が痛むというよりもその奥から痛みが来ている場合は、
早めに病院で診断を受ける方が身の為です。

 

ひとえに肋骨が痛むといっても
その状況は様々異なり危篤な状態にもなりかねないので、
異常がみられる場合には早めに医師の診断を仰ぎましょう。

 

Sponsored Links

コメントを残す